Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

set

AUTOSAR 要素のプロパティの設定

説明

set(arProps,elementPath,property,value) は、elementPath にある AUTOSAR 要素の指定したプロパティを value に設定します。他の要素を参照するプロパティの場合、value はパスです。XML パッケージ化オプションを設定するには、elementPathXmlOptions に指定します。

すべて折りたたむ

AUTOSAR モデルで、送信側/受信側インターフェイス Interface1IsService プロパティを true (1) に設定して、AUTOSAR サービスに使用するポート インターフェイスであることを示します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
set(arProps,'Interface1','IsService',true);
isService = get(arProps,'Interface1','IsService')
isService =
  logical
   1

AUTOSAR モデルで、ランナブル Runnable1symbol プロパティを test_symbol に設定します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
compQName = get(arProps,'XmlOptions','ComponentQualifiedName');
runnables = find(arProps,compQName,'Runnable','PathType','FullyQualified');
runnables(2)
ans =
  1×1 cell array
    {'/pkg/swc/ASWC/IB/Runnable1'}
get(arProps,runnables{2},'symbol')
ans =
    'Runnable1'
set(arProps,runnables{2},'symbol','test_symbol')
get(arProps,runnables{2},'symbol')
ans =
    'test_symbol'

入力引数

すべて折りたたむ

事前に arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(model) によって返されたモデルの AUTOSAR プロパティの情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: arProps

プロパティを設定する AUTOSAR 要素のパス。XML パッケージ化オプションを設定するには、XmlOptions を指定します。

例: 'Input'

AUTOSAR 要素の有効なプロパティのうち、値を設定するプロパティ。

例: 'IsService'

指定したプロパティに対して設定する値。他の要素を参照するプロパティの場合は、パスを指定します。

例: true

R2013b で導入