Main Content

get

AUTOSAR 要素のプロパティの取得

説明

pValue = get(arProps,elementPath,property) は、elementPath の AUTOSAR 要素の指定したプロパティの値を返します。

すべて折りたたむ

モデルで、送信側/受信側インターフェイス Interface1IsService プロパティの値を取得します。変数 IsService は、送信側/受信側インターフェイスがサービスでないことを示す false (0) を返します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
isService = get(arProps,'Interface1','IsService')
isService =
  logical
   0

AUTOSAR モデルの場合、ランナブル Runnable1symbol プロパティを test_symbol に設定する準備のために、AUTOSAR コンポーネントの修飾名と既存のランナブル記号名を取得します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
compQName = get(arProps,'XmlOptions','ComponentQualifiedName');
runnables = find(arProps,compQName,'Runnable','PathType','FullyQualified');
runnables(2)
ans =
  1×1 cell array
    {'/pkg/swc/ASWC/IB/Runnable1'}
get(arProps,runnables{2},'symbol')
ans =
    'Runnable1'
set(arProps,runnables{2},'symbol','test_symbol')
get(arProps,runnables{2},'symbol')
ans =
    'test_symbol'

入力引数

すべて折りたたむ

事前に arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(model) によって返されたモデルの AUTOSAR プロパティの情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: arProps

プロパティの値を返す AUTOSAR 要素のパス。

例: 'Input'

AUTOSAR 要素の有効なプロパティのうち、値を返すプロパティ。

例: 'IsService'

出力引数

すべて折りたたむ

指定した AUTOSAR プロパティの値を返す変数。複合プロパティまたは他のプロパティを参照するプロパティの場合、戻り値はそのプロパティのパスです。

例: ifPaths

バージョン履歴

R2013b で導入