Main Content

addPackageableElement

モデルの AUTOSAR パッケージへの要素の追加

説明

addPackageableElement(arProps,category,package,name) は、指定された category の要素 name を、AUTOSAR 用に構成されたモデルの指定された AUTOSAR package に追加します。

addPackageableElement(arProps,category,package,name,property,value) は、追加する要素の指定されたプロパティの値を設定します。

すべて折りたたむ

完全修飾パスを使用してインターフェイス パッケージに送信側/受信側インターフェイスを追加し、IsService プロパティを true に設定します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
addPackageableElement(arProps,'SenderReceiverInterface','/pkg/if','Interface3',...
  'IsService',true);
ifPaths = find(arProps,[],'SenderReceiverInterface',...
  'IsService',true,'PathType','FullyQualified')
ifPaths =
  1×1 cell array
    {'/pkg/if/Interface3'}

入力引数

すべて折りたたむ

事前に arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(model) によって返されたモデルの AUTOSAR プロパティの情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: arProps

追加する要素のカテゴリ。有効なカテゴリ値は 'ClientServerInterface''DataTypeMappingSet''ModeDeclarationGroup''ModeSwitchInterface''Package''ParameterComponent''ParameterInterface''SenderReceiverInterface''SwAddrMethod' および 'SystemConst' です。

例: 'SenderReceiverInterface'

要素パッケージの完全修飾パス。

例: '/pkg/if'

追加する要素の名前。

例: 'Interface3'

要素プロパティの値を設定するためのプロパティと値のペア。表AUTOSAR 要素のプロパティには、AUTOSAR 要素に関連付けられているプロパティを示しています。

例: 'IsService',true

バージョン履歴

R2014b で導入