Main Content

find

説明

paths = find(arProps,rootPath,category) は、category に一致する AUTOSAR 要素の paths (パス rootPath から始まる) を返します。

paths = find(arProps,rootPath,category,'PathType',value) では、返される paths が完全修飾か部分修飾かを指定します。

paths = find(arProps,rootPath,category,property,value) では、指定された category の要素のプロパティに対する制約値を指定し、検索を絞り込みます。

すべて折りたたむ

モデルで、プロパティ IsServicefalse である送信側/受信側インターフェイスを検索し、完全修飾パスを返します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
hModel = 'autosar_swc_expfcns';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
ifPaths = find(arProps,[],'SenderReceiverInterface',...
  'IsService',false,'PathType','FullyQualified')
ifPaths =
  1×2 cell array
    {'/pkg/if/Interface1'}    {'/pkg/if/Interface2'}

モデルにモード スイッチ インターフェイスを追加し、find を使用してモデル内のモード スイッチ インターフェイスのパスを一覧表示します。

addpath(fullfile(matlabroot,'/help/toolbox/autosar/examples'));
hModel = 'mAutosarMsConfigAfter';
open_system(hModel);
arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(hModel);
addPackageableElement(arProps,'ModeSwitchInterface','/pkg/if','Interface3',...
  'IsService',true);
ifPaths = find(arProps,[],'ModeSwitchInterface','PathType','FullyQualified')
ifPaths =
  1×3 cell array
    {'/pkg/if/myMsIf'}    {'/pkg/if/MsIf2'}    {'/pkg/if/Interface3'}

入力引数

すべて折りたたむ

事前に arProps = autosar.api.getAUTOSARProperties(model) によって返されたモデルの AUTOSAR プロパティの情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: arProps

指定したタイプの AUTOSAR 要素を検索する開始点を指定するパス。[] はコンポーネントのルートを示します。

例: []

パスを返す AUTOSAR 要素のタイプ。

例: 'SenderReceiverInterface'

完全修飾パスを返すには FullyQualified を指定します。

例: 'PathType','FullyQualified'

指定したカテゴリの要素の有効なプロパティと、検索でそのプロパティに一致させる値。表AUTOSAR 要素のプロパティには、AUTOSAR 要素に関連付けられているプロパティを示しています。

例: 'IsService',true

出力引数

すべて折りたたむ

AUTOSAR 要素へのパスを返す変数。

例: ifPaths

バージョン履歴

R2013b で導入