Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

共有 AUTOSAR 要素定義のインポートと参照

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを Simulink® で開発する場合、多くのコンポーネントに共通する ARXML 要素定義を含む AUTOSAR パッケージをインポートできます。たとえば、複数の製品ラインおよびチームは、インターフェイスや SwAddrMethods などの要素を共有する場合があります。AUTOSAR 要素定義を共有するメリットは、定義の競合が発生するリスクが減り、コードの統合が容易になることです。

AUTOSAR コンポーネント モデルを作成すると、コンポーネントではなく AUTOSAR 要素の記述専用の ARXML ファイルから共有定義をインポートできます。既定では、インポートされた定義は変更されないようにするために読み取り専用ですが、それらを読み取り/書き込みとしてインポートすることもできます。これで、インポートされた要素をコンポーネント モデルで参照できます。

要素定義をインポートした場合、その依存関係もインポートされます。たとえば、CompuMethod 定義をインポートすると、Unit 定義と PhysicalDimension 定義もインポートされます。ImplementationDataType をインポートすると、SwBaseType 定義もインポートされます。

AUTOSAR の数値データ型または列挙データ型をインポートする場合は、関数 createNumericType および関数 createEnumeration を使用して、対応する Simulink データ型オブジェクトを作成します。

モデルをビルドすると、エクスポートされた ARXML コードには共有要素への参照が含まれます。それらの定義は、インポート元の要素の記述の ARXML ファイルに残ります。要素の記述ファイルは名前、ファイル構造および内容が維持されたままでエクスポートされます。

AUTOSAR 要素定義を設定して再利用するには、次の手順に従います。

  1. 共有するコンポーネントについて、AUTOSAR 要素の定義を含む 1 つ以上の ARXML ファイルを作成します。Simulink でリファレンス使用がサポートされている要素には、次のものがあります。

    • CompuMethodUnit および Dimension

    • ImplementationDataType および SwBaseType

    • ApplicationDataType

    • SwSystemConstSwSystemConstValueSet および PredefinedVariant

    • SwRecordLayout

    • SwAddrMethod

    • ClientServerInterfaceSenderReceiverInterfaceModeSwitchInterfaceNvDataInterfaceParameterInterface および TriggerInterface

  2. 定義のセットを共有する各コンポーネント モデルで、arxml.importer 関数 updateAUTOSARProperties を使用して、要素定義をモデルに追加します。この例では、定義を共有記述ファイル SwAddrMethods.arxml からモデル例 autosar_swc にインポートする方法を示します。

    ARXML ファイルは、既定の MATLAB® 検索パス上の matlabroot/examples/autosarblockset/data にあります。

    addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));  % Add path to model
    modelName = 'autosar_swc';
    open_system(modelName);
    ar = arxml.importer('SwAddrMethods.arxml');
    updateAUTOSARProperties(ar,modelName);

    オプションで、プロパティと値のペアを使用して、インポートする要素のサブセットを指定できます。詳細については、updateAUTOSARProperties を参照してください。

    インポーターは、モデルに適用された更新の詳細をまとめた HTML レポートを生成します。

  3. モデルは、インポートされた要素をさまざまな方法で参照できます。たとえば、AUTOSAR データ用にインポートされた SwAddrMethod 値を選択して、測定およびキャリブレーション用にそのデータをグループ化できます。コンポーネント モデルへの AUTOSAR パッケージのインポートの例を参照してください。

  4. モデル コードを生成します。エクスポートされた ARXML コードには、インポートされた要素への参照が含まれます。定義のインポート元の要素の記述ファイルは、名前、ファイル構造および内容を維持したままでエクスポートされます。

参考

関連するトピック