Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンポーネント モデルへの AUTOSAR パッケージのインポート

共有 ARXML 要素定義をインポートおよび参照します。

モデルへの AUTOSAR 要素定義の追加

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを Simulink で開発する場合、多くのコンポーネントに共通する要素定義を含む AUTOSAR パッケージをインポートできます。AARXMLUTOSAR コンポーネント モデルを作成したら、コンポーネントではなく AUTOSAR 要素の記述専用の ARXML ファイルから定義をインポートします。コンポーネントの動作を実装しやすくするために、インターフェイスやソフトウェア アドレス メソッド (SwAddrMethods) などの事前定義済みの要素を参照する場合があります。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント モデルを開発していると仮定します。複数の製品ラインおよびチームで共有する事前定義済みの SwAddrMethod 要素をインポートする必要があります。この例では、AUTOSAR インポーター関数updateAUTOSARPropertiesを使用して、定義を共有記述ファイル SwAddrMethods.arxml からモデル例 autosar_swc にインポートします。

modelName = 'autosar_swc';
open_system(modelName);
ar = arxml.importer('SwAddrMethods.arxml');
updateAUTOSARProperties(ar,modelName);
### Updating model autosar_swc
### Saving original model as autosar_swc_backup.slx
### Creating HTML report autosar_swc_update_report.html

関数は、指定された ARXML ファイルの内容を指定されたモデルの AUTOSAR ディクショナリにコピーし、要素の追加をリストする HTML レポートを生成します。

追加された要素は、要素として AUTOSAR ディクショナリに表示できます。既定では、要素は読み取り専用としてインポートされます。

set_param(modelName,'SimulationCommand','update');  % Update diagram
autosar_ui_launch(modelName);  % Open AUTOSAR Dictionary

インポートされた AUTOSAR 要素の参照と設定

AUTOSAR 要素をソフトウェア コンポーネント モデルにインポートすると、AUTOSAR ディクショナリの要素と同じ方法でそれらを参照および設定できます。たとえば、AUTOSAR コード パースペクティブを使用してインポートされた SwAddrMethod 定義 CODE をモデルのエントリポイント関数に適用します。

% Map step runnable function to SwAddrMethod CODE
slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(modelName);
mapFunction(slMap,'Periodic:D1','Runnable_1s','SwAddrMethod','CODE');

AUTOSAR C コードおよび XML 記述の生成 (Embedded Coder)

Simulink Coder および Embedded Coder ソフトウェアをお持ちの場合、AUTOSAR 準拠 C コードを生成し、ARXML 記述をモデルからエクスポートできます。モデルをビルドするには、コマンド slbuild(modelName); を入力します。

モデルをビルドすると、HTML コード生成レポートが生成されます。C コードにはソフトウェア アドレス メソッドの CODE セクションが含まれます。

ARXML 記述は、SwAddrMethod CODE を定義して参照します。

エクスポートは、SwAddrMethod 定義の追加元の共有記述ファイル SwAddrMethods.arxml のファイル構造とコンテンツを維持します。

関連するリンク