Main Content

addSignal

Simulink ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加する

説明

addSignal(slMap,slPortHandle) は、出力端子ハンドル slPortHandle に関連付けられた Simulink® ブロック信号を AUTOSAR マッピングに追加します。追加した信号は、関数 mapSignal などを使用して AUTOSAR 変数にマッピングできます。

すべて折りたたむ

モデル例 autosar_swc_counter で、次を実行します。

  1. 新しい既定の AUTOSAR マッピングを作成します。

  2. RelOpt ブロックから発生している Simulink 信号 equal_to_count を AUTOSAR コンポーネントの信号マッピングに追加します。

  3. 信号を AUTOSAR の静的メモリにマッピングし、ReadWrite キャリブレーション アクセスを設定します。

hModel = 'autosar_swc_counter';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
open_system(hModel);
autosar.api.create(hModel,'default'); % Create default AUTOSAR mapping
slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);

portHandles = get_param('autosar_swc_counter/RelOpt','portHandles');
outportHandle = portHandles.Outport;
addSignal(slMap,outportHandle)

mapSignal(slMap,outportHandle,'StaticMemory',...
  'SwCalibrationAccess','ReadWrite');

入力引数

すべて折りたたむ

以前に slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(model) によって返されたモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピング情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: slMap

AUTOSAR マッピングに追加する Simulink ブロック信号の出力端子ハンドル。MATLAB® コマンドを使用して出力端子の端子ハンドルを作成します。たとえば、RelOpt という名前の Relational Operator ブロックの場合は、次のようになります。

portHandles = get_param('autosar_swc_counter/RelOpt','portHandles');
outportHandle = portHandles.Outport;

例: outportHandle

バージョン履歴

R2020b で導入