Main Content

getOutport

Simulink 出力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得

説明

[arPortName,arDataElementName,arDataAccessMode] = getOutport(slMap,slPortName) は、Simulink® 出力端子 slPortName にマッピングされている AUTOSAR 提供側のポート arPortName、AUTOSAR データ要素 arDataElementName、および AUTOSAR データのアクセス モード arDataAccessMode の値を返します。

すべて折りたたむ

モデル例 autosar_swc_expfcns のモデル出力端子の AUTOSAR マッピング情報を取得します。このモデルには PPort_DE1 という名前の出力端子があります。

hModel = 'autosar_swc_expfcns';
addpath(fullfile(matlabroot,'/examples/autosarblockset/main'));
open_system(hModel);
slMap=autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);
[arPortName,arDataElementName,arDataAccessMode]=getOutport(slMap,'PPort_DE1')
arPortName =
PPort

arDataElementName =
DE1

arDataAccessMode =
ImplicitSend

入力引数

すべて折りたたむ

以前に slMap = autosar.api.getSimulinkMapping(model) によって返されたモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピング情報。model は、モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、または string スカラーです。

例: slMap

AUTOSAR マッピング情報を返すモデル出力端子の名前。

例: 'Output'

出力引数

すべて折りたたむ

指定した Simulink 出力端子がマッピング先になっている AUTOSAR ポートの名前を返す変数。

例: arPortName

指定した Simulink 出力端子がマッピング先になっている AUTOSAR データ要素の名前を返す変数。

例: arDataElementName

指定した Simulink 出力端子がマッピング先になっている AUTOSAR データ アクセス モードの値を返す変数。値は ImplicitSendImplicitSendByRefExplicitSendEndToEndWriteModeSend または QueuedExplicitSend です。

例: arDataAcessMode

バージョン履歴

R2013b で導入