Main Content

AUTOSAR 初期化ランナブル (R4.1) の設定

AUTOSAR Release 4.1 では、AUTOSAR 初期化イベント (InitEvent) が導入されました。InitEvent を使用して AUTOSAR ランナブルを初期化ランナブルとして指定し、初期化関数をランナブルにマッピングできます。InitEvent を使用したソフトウェア コンポーネントの初期化は、ソフトウェア コンポーネントを設定して初期化するモードで ModeDeclarationGroup を定義する AUTOSAR モード管理を使用するよりも、簡単かつ効率的である可能性があります (モード管理アプローチの詳細については、AUTOSAR モード スイッチ通信の設定を参照してください)。

ランナブルを InitEvent で記述する ARXML コードをインポートする場合、ARXML インポーターは初期化ランナブルとしてランナブルを Simulink® に設定します。

あるいは、ランナブルを Simulink の初期化ランナブルとして設定できます。次に例を示します。

  1. AUTOSAR に設定するモデルを開きます。

  2. [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスを開き、[コード生成][AUTOSAR コード生成オプション] に移動し、AUTOSAR スキーマのバージョンが 4.1 以上であることを確認します。

  3. AUTOSAR ディクショナリを開きます。ソフトウェア コンポーネントに移動し、[Runnables] ビューを選択します。

  4. 初期化ランナブルとして設定するランナブルを選択し、[イベントの追加] をクリックします。[イベント タイプ] ドロップダウン リストから、InitEvent を選択し、[イベント名] を指定します。この例では、初期化イベント myInitEvent はランナブル Runnable_Init に設定されます。

    ランナブルに設定できる InitEvent は 1 つだけです。

  5. コード マッピング エディターを開き [Functions] タブを選択します。

  6. 初期化関数を初期化ランナブルにマッピングするには、関数を選択します。[ランナブル] ドロップダウン リストで、InitEvent を設定したランナブルを選択します。この例では、Simulink エントリポイント関数 Initialize は AUTOSAR ランナブル Runnable_Init にマッピングされます。

初期化ランナブルを含むモデルから ARXML コードをエクスポートする場合、ARXML エクスポーターは初期化ランナブルと関数にマッピングされる InitEvent を生成します。以下に例を示します。

<EVENTS>
    <INIT-EVENT UUID="...">
        <SHORT-NAME>myInitEvent</SHORT-NAME>
        <START-ON-EVENT-REF DEST="RUNNABLE-ENTITY">/.../Runnable_Init</START-ON-EVENT-REF>
    </INIT-EVENT>
</EVENTS>

関連するトピック