Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの更新のインポート

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを表す Simulink® モデルを作成した後に、コンポーネントの ARXML 記述を個別に変更できます。arxml.importer の関数 updateModel を使用すると、変更した ARXML 記述をインポートし、モデルを更新して変更を反映できます。更新すると、モデルに適用される自動更新や手動で実行しなければならない追加の変更の詳細が記載された HTML レポートが生成されます。

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの変更でのモデルの更新

ARXML ファイルに記述された AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの変更によってモデルを更新するには、次を行います。

  1. ARXML ファイルが事前にインポートまたはエクスポートされたモデルを開きます。この例では、ARXML ファイル例 ThrottlePositionControlComposition.arxml を使用して Controller モデルを作成します。ARXML ファイルは、既定の MATLAB® 検索パス上の matlabroot/examples/autosarblockset/data にあります。

    % Create and open AUTOSAR controller component model
    ar = arxml.importer('ThrottlePositionControlComposition.arxml');
    createComponentAsModel(ar,'/Company/Components/Controller',...
      'ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem');
  2. MATLAB コマンドを発行して ARXML 記述をモデルにインポートし、モデルの更新によって変更を反映させます。

    メモ

    インポートされた ARXML 記述には、モデルによってマッピングされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントが含まれていなければなりません。

    たとえば、次のコマンドは、モデル Controller を更新し、ARXML ファイル ThrottlePositionControlComposition_updated.arxml からの変更を反映させます。ARXML ファイルは、既定の MATLAB 検索パス上の matlabroot/examples/autosarblockset/data にあります。

    % Update AUTOSAR controller component model
    ar2 = arxml.importer('ThrottlePositionControlComposition_updated.arxml');
    updateModel(ar2,'Controller');
    ### Updating model Controller
    ### Saving original model as Controller_backup.slx
    ### Creating HTML report Controller_update_report.html

    AUTOSAR 更新レポートが開きます。

  3. レポートを確認します。

    1. ARXML インポーターが、ARXML の変更に基づいてモデル コンテンツおよび構成を更新していることを確認します。

    2. 必要に応じて、[モデルの比較] をクリックして元のモデルと更新後のモデルを比較します。差異を示す表形式とグラフィカル形式のビューが開きます。表形式のビューで変更された要素をクリックすると、グラフィカル形式のビューに移動して変更を確認できます。

    3. 必要に応じて、[検索] フィールドを使用して語句を検索します。特定の要素や確認する他の文字列にすばやく移動できます。

  4. Simulink ブロックの削除など、モデルに必要な手動の変更がレポートにリストされている場合は、必要な変更を実行します。

    モデルに必要な変更を加えた場合は、検証にパスするためにさらに構成が必要になる場合があります。手動でさらにモデルを変更する必要があるどうかを確認するには、更新手順を繰り返し、同じ ARXML ファイルを使用して関数 updateModel を再実行します。

ライブスクリプトの更新例については、AUTOSAR コンポーネントの Simulink へのインポートおよびAUTOSAR コンポジションの Simulink へのインポートを参照してください。

AUTOSAR 更新レポートのセクションの例

ARXML 更新操作によって、HTML 形式の AUTOSAR 更新レポートが生成されます。レポートの各セクションには変更情報が表示されます。

モデルの自動変更

AUTOSAR 更新レポートのセクション [モデルの自動変更] には、インポーターによって行われた Simulink ブロックの追加、ブロック プロパティの更新およびモデル パラメーターの更新がリストされます。次に例を示します。

更新されたモデルでは、緑の強調表示は追加のブロックを示します。

ワークスペースの自動変更

AUTOSAR 更新レポートのセクション [ワークスペースの自動変更] には、インポーターによって行われた Simulink データ オブジェクトの追加とプロパティの更新がリストされます。次に例を示します。

モデルの手動変更 (必須)

AUTOSAR 更新レポートのセクション [モデルの手動変更 (必須)] には、ブロックの削除など必須のモデルの変更がリストされます。次に例を示します。

更新されたモデルで、赤の強調表示は削除するブロックを示します。

AUTOSAR 要素の自動変更

AUTOSAR 更新レポートのセクション [AUTOSAR 要素の自動変更] には、インポーターによって行われた AUTOSAR 要素の追加とプロパティの更新がリストされます。以下に例を示します。

参考

関連する例

詳細