Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

updateModel

ARXML の変更内容の AUTOSAR モデルへの更新

説明

updateModel(ar,modelname) は、開いている指定のモデルを arxml.importer オブジェクト ar に関連付けられている XML ファイルで見つかった変更に合わせて更新します。XML ファイルには、モデルによってマッピングされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントが含まれていなければなりません。

現在のバージョンの XML ファイルを以前のバージョンと比較するとき、比較ルーチンでは、次の規則が順番に適用されます。

  1. 要素の UUID とタイプが同じである場合、要素は一致します。モデルは関数によって更新されません。

  2. 要素の UUID が異なる場合、要素は一致しません。ARXML の変更内容が関数によってモデルに更新されます。

  3. 要素の修飾名が同じである場合、要素は一致します。モデルは関数によって更新されません。

  4. それ以外の場合、要素は一致しません。ARXML の変更内容が関数によってモデルに更新されます。

更新は、モデルに行われた変更内容や、関数によって行われなかった必要な変更内容を詳細に記述するレポートを生成し、開きます。

AUTOSAR パッケージ構造の更新は、格納されている AR-PACKAGE 構造に影響し、今後のエクスポートに適用されます。しかし、インポートされたパッケージ構造の更新は、AUTOSAR ディクショナリのパッケージ パスの XML オプションには影響しません。XML パッケージ パスのオプションは、インポートされた要素ではなく、Simulink® で作成された AUTOSAR 要素に適用されます。

すべて折りたたむ

updatedSWC.arxml に記述されている AUTOSAR ARXML の変更内容でモデル mySWC を更新し、更新レポートを開きます。

open_system('mySWC')
ar = arxml.importer('updatedSWC.arxml');
updateModel(ar,'mySWC');
### Updating model mySWC
### Saving original model as mySWC_backup.slx
### Creating HTML report mySWC_update_report.html

入力引数

すべて折りたたむ

XML ファイルから以前にインポートした AUTOSAR 情報。arxml.importer オブジェクト ハンドルとして指定されます。

arxml.importer オブジェクトに関連付けられている XML ファイル内の変更に合わせて更新する開いているモデルの名前。

例: 'mySWC'

バージョン履歴

R2014a で導入