Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

arxml.importer

AUTOSAR コンポーネントの XML のインポート

説明

関数 arxml.importer を使用して AUTOSAR コンポーネントを制御下で Simulink® にインポートします。たとえば、AUTOSAR オーサリング ツールによってエクスポートされた AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの記述 XML ファイルを解析してから、コンポーネントを Simulink モデルにインポートできます。コンポーネントをインポートした後は、そのコンポーネントの Simulink 表現をその他の構成、アルゴリズム開発、C/C++ コード生成、および ARXML エクスポートのために使用できます。

作成

説明

ar = arxml.importer(filename) は、XML ファイル filename で AUTOSAR 情報を表すオブジェクト ar を作成します。

ar = arxml.importer({filename1,filename2,...,filenameN}) は、指定した XML ファイルで AUTOSAR 情報を表すオブジェクト ar を作成します。

ヒント

関数 arxml.importer を呼び出す入力の最後にセミコロン (;) を付けない場合、インポーターによって、指定された XML ファイルの AUTOSAR の内容がリストされます。この情報には、AUTOSAR パッケージ構造のソフトウェア コンポーネントへのパスが含まれます。これは、createComponentAsModel および createCompositionAsModel への呼び出しで指定できます。

入力引数

すべて展開する

AUTOSAR 情報を含む XML ファイルの名前。

例: 'mySWC.arxml'

AUTOSAR 情報を含む XML ファイルの名前の cell 配列。

例: {'mySWC.arxml','DataTypes.arxml','MiscDefs.arxml'}

オブジェクト関数

createComponentAsModelAUTOSAR ARXML アトミック ソフトウェア コンポーネントの Simulink 表現の作成
createCompositionAsModelAUTOSAR ARXML ソフトウェア コンポジションの Simulink 表現の作成
getComponentNamesARXML ファイルからの AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント名の取得
updateAUTOSARPropertiesAUTOSAR 要素の ARXML 定義を使用したモデルの更新
updateModelARXML の変更内容の AUTOSAR モデルへの更新

すべて折りたたむ

関数 arxml.importer を呼び出して、XML ファイル mySWC.arxml 内で AUTOSAR 情報を表すオブジェクト ar を作成します。返されたオブジェクトを使用して AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc をインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem')

関数 arxml.importer を呼び出して、XML ファイル mySWC.arxmlDataTypes.arxml、および MiscDefs.arxml 内で AUTOSAR 情報を表すオブジェクト ar を作成します。返されたオブジェクトを使用して AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc をインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。

ar = arxml.importer({'mySWC.arxml','DataTypes.arxml','MiscDefs.arxml'})
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem')
R2008a で導入