Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア記述のインポート

Adaptive ソフトウェア コンポーネントの AUTOSAR XML (ARXML) 記述、サービス インターフェイス、データ型を Simulink® にインポートできます。ARXML インポーターを使用して次を行います。

  • AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの初期 Simulink 表現を作成する。

  • マッピングされた AUTOSAR Adaptive コンポーネント モデルをサービス インターフェイスとデータ型の共有 ARXML 定義で更新する。

Simulink と他の開発環境との間での Adaptive コンポーネント ARXML 記述のラウンドトリップ交換に参加できます。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの初期 Simulink 表現を ARXML コンポーネント記述から作成するには、ARXML インポーター関数 createComponentAsModel を使用します。次に例を示します。

ar = arxml.importer('myAdaptiveSWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/Company/Components/Swc')

詳細な例については、AUTOSAR Adaptive コンポーネントの Simulink へのインポートを参照してください。

マッピングされた AUTOSAR Adaptive コンポーネント モデルを共有 ARXML 定義で更新するには、ARXML インポーター関数 updateAUTOSARProperties を使用します。次に例を示します。

modelName = 'my_adaptive_swc';
open_system(modelName);
ar = arxml.importer('ServiceInterfaces.arxml');
updateAUTOSARProperties(ar,modelName);

詳細な例については、Adaptive コンポーネント モデルからの AUTOSAR パッケージのインポートを参照してください。

参考

|

関連する例

詳細