Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

AUTOSAR Adaptive コンポーネントの Simulink へのインポート

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの XML 記述から Simulink® モデルを作成します。

ARXML ファイルから Simulink への AUTOSAR Adaptive コンポーネントのインポート

MATLAB 関数createComponentAsModelを使用して AUTOSAR XML (ARXML) Adaptive ソフトウェア コンポーネント記述をインポートし、Simulink モデルを作成します。

最初に、ARXML 記述ファイルを解析して、含まれているコンポーネントをリストします。

ar = arxml.importer({'fusion_app.arxml','radarService_app_mod.arxml','radar_svc_mod.arxml','stdtypes_mod.arxml'});
names = getComponentNames(ar)
names = 2x1 cell
    {'/RadarFusion/fusion'      }
    {'/RadarFusion/radarService'}

リストされたそれぞれの Adaptive ソフトウェア コンポーネントについて、createComponentAsModel を使用して Simulink 表現を作成します。これらのコマンドにより、fusion および radarService という名前のモデルが作成されます。

createComponentAsModel(ar,'/RadarFusion/fusion');
createComponentAsModel(ar,'/RadarFusion/radarService');

作成されたそれぞれのモデルには、次が含まれます。

  • AUTOSAR Adaptive コンポーネント要素をモデル化するよう構成された Simulink 要素。

  • インポートされた AUTOSAR Adaptive 要素定義を保存する AUTOSAR ディクショナリ。

  • AUTOSAR Adaptive コンポーネント要素への Simulink モデル要素のマッピング。

各モデルは次のようになります。

  • Simulink ポートは AUTOSAR Adaptive コンポーネントの提供側ポートと要求側ポートを表す。

  • 各ルート入力端子の後で Event Receive ブロックが信号の値とデータ型を保持したまま、入力イベントを信号に変換する。

  • 各ルート出力端子の前で Event Send ブロックが信号の値とデータ型を保持したまま、入力信号をイベントに変換する。

  • 端子は Ground ブロックと Terminator ブロックでスタブされるため、モデルは即座に更新されシミュレーションされることができます。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの Simulink での構成

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネント モデルを作成した後、[AUTOSAR Component Designer] アプリを使用して AUTOSAR Adaptive コンポーネントの構成を調整します。

Adaptive コンポーネント モデルを開きます。[アプリ] タブで [AUTOSAR Component Designer] を選択します。[AUTOSAR] タブが開きます。

Simulink モデル要素の AUTOSAR Adaptive コンポーネント要素へのマッピングを表示するには、コード マッピング ペインとプロパティ インスペクター ペインを開きます。このビューを使用して、Simulink モデルのパースペクティブでモデル要素を AUTOSAR コンポーネント要素にマッピングします。

AUTOSAR Adaptive 要素定義を表示するには、[AUTOSAR] タブで [コード インターフェイス][AUTOSAR ディクショナリ] を選択します。ディクショナリが開きます。このビューを使用して、AUTOSAR コンポーネントのパースペクティブで AUTOSAR 要素を設定します。

詳細については、AUTOSAR コンポーネントの構成を参照してください。

AUTOSAR Adaptive コンポーネント アルゴリズムの開発、シミュレーションおよびコードの生成

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネント モデルを作成して構成を調整した後、コンポーネントを開発します。コンポーネント要件を実装するアルゴリズム モデル コンテンツを作成します。

たとえば、作成した fusion コンポーネント モデルには、コンポーネント動作の初期スタブ実装が含まれています。

コンポーネント要件を実装するには、Terminator ブロックを、Simulink アルゴリズムを実装するブロックで置き換えます。

AUTOSAR Adaptive コンポーネントを開発すると、以下が可能になります。

  • コンポーネント モデルを、個別に、または含まれるコンポジションかテスト ハーネスでシミュレートする。

  • Simulink でのテストや AUTOSAR ランタイム環境への統合のための ARXML コンポーネント記述ファイルとアルゴリズム C++ コードを生成する (AUTOSAR コード生成には Simulink Coder および Embedded Coder が必要です)。

詳細については、コンポーネントの開発およびコード生成を参照してください。

関連するリンク