Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

コンポーネントの開発

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントとサービス通信の開発、プログラム インターフェイスの使用、モデリングのチェックの適用

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの Simulink® 表現を作成したら、次を行います。

  • コード マッピング エディターと AUTOSAR ディクショナリまたは同等の AUTOSAR プログラム インターフェイスを使用して AUTOSAR 構成を調整します。

  • 幅広い Simulink モデルベース デザイン機能を使用して、コンポーネント内にアルゴリズム コンテンツを開発します。

Simulink Coder™ と Embedded Coder® ソフトウェアをお持ちの場合、AUTOSAR Adaptive C++ コードと XML 記述の生成で説明するように、AUTOSAR Adaptive ランタイム環境との統合用に ARXML 記述とアルゴリズム C++ コードを生成できます。

AUTOSAR アプリケーションは相互接続されたソフトウェア コンポーネントによってモデル化されます。各ソフトウェア コンポーネントは自動車の動作の機能実装をカプセル化しており、適切に定義された外界との接続点をもちます。

コード マッピング エディターと AUTOSAR ディクショナリを使用して、コンポーネントの調整と開発を開始します。コード マッピング エディターはコンポーネントの Simulink のパースペクティブを提供します。これにより Simulink 要素を AUTOSAR 要素に選択的にマッピングします。AUTOSAR ディクショナリはコンポーネントの AUTOSAR のパースペクティブを提供します。これにより AUTOSAR 要素とそのプロパティを設定します。はじめに、AUTOSAR コンポーネントの構成を参照してください。

ブロック

Event Receive入力イベントを信号に変換
Event Send入力信号をイベントに変換

ツール

コード マッピング エディターコード生成用の AUTOSAR 要素のマッピング

関数

すべて展開する

autosar.api.getSimulinkMappingSimulink 要素の AUTOSAR 要素へのマッピング
getInportSimulink 入力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
getOutportSimulink 出力端子に関する AUTOSAR マッピング情報の取得
mapInportSimulink 入力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
mapOutportSimulink 出力端子を AUTOSAR ポートにマッピング
autosar.api.getAUTOSARPropertiesAUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの要素とプロパティを設定します。
addAUTOSAR 要素へのプロパティの追加
addPackageableElementモデルの AUTOSAR パッケージへの要素の追加
createEnumerationインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 列挙データ型定義の作成
createNumericTypeインポートした AUTOSAR 要素を操作するための Simulink 数値データ型定義の作成
deleteAUTOSAR 要素の削除
deleteUnmappedComponentsマッピングされていない AUTOSAR コンポーネントのモデルからの削除
findAUTOSAR 要素の検索
getAUTOSAR 要素のプロパティの取得
setAUTOSAR 要素のプロパティの設定
autosar.api.createマッピングされた AUTOSAR コンポーネント モデルの作成と更新
autosar.api.deleteAUTOSAR プロパティと Simulink モデルのマッピングの削除
autosar.api.syncModelモデルの Simulink から AUTOSAR へのマッピングを Simulink の変更に合わせて更新
autosar.api.validateModelSimulink モデルの AUTOSAR プロパティとマッピングの検証
autosar_ui_launchAUTOSAR ディクショナリ ダイアログ ボックスを開く
autosar_ui_closeAUTOSAR ディクショナリ ダイアログ ボックスを閉じる

トピック

AUTOSAR コンポーネントの構成

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのプロパティと Simulink と AUTOSAR の要素間のマッピングを設定します。

コード生成用の AUTOSAR Adaptive 要素のマッピング

コード マッピング エディターを使用して、Simulink のパースペクティブで AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントを表示およびマッピングする。

AUTOSAR Adaptive の要素とプロパティの設定

AUTOSAR ディクショナリを使用して、AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの要素とプロパティを表示および設定します。

モデル変更後の AUTOSAR マッピングの増分更新

AUTOSAR モデル内の新しい Simulink 要素をインクリメンタルに自動更新およびマッピングする。

AUTOSAR Adaptive ソフトウェア コンポーネントの設定

自動車用アルゴリズムの Simulink 表現を AUTOSAR Adaptive Platform のソフトウェア コンポーネントとして設定する。

AUTOSAR Adaptive サービス通信のモデル化

サービス通信を使用して AUTOSAR Adaptive サービス イベントを送受信します。

AUTOSAR Adaptive サービス データのメモリ割り当ての構成

ミドルウェアが AUTOSAR Adaptive イベントの送信用のメモリをミドルウェアが割り当てるかどうかを指定します。

AUTOSAR Adaptive サービス検出モードの構成

AUTOSAR Aadaptive サービス通信の要求側ポートのサービス検出モードを設定する。

AUTOSAR Adaptive サービス インスタンス識別の構成

AUTOSAR Adaptive サービス ポートのサービス インスタンス識別を構成します。

Simulink バス端子の使用による AUTOSAR 端子の構成

AUTOSAR 端子を Simulink In Bus Element ブロックおよび Out Bus Element ブロックを使用してモデル化します。

AUTOSAR パッケージの構成

階層型の AUTOSAR パッケージ構造内で要素パッケージをインポートまたは定義します。

プログラムによる AUTOSAR コンポーネントの構成とマッピング

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを設定するためにプロパティ関数と map 関数を呼び出します。

AUTOSAR のプロパティ関数と map 関数の例

AUTOSAR 関数呼び出しの組み合わせを示す MATLAB® スクリプト。

AUTOSAR Blockset のチェック

AUTOSAR Blockset のモデル アドバイザー チェックについて説明する