Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Event Send

入力信号をイベントに変換

  • ライブラリ:
  • AUTOSAR Blockset / Adaptive Platform / Signal Routing

  • Event Send block

説明

AUTOSAR 適応モデルの最上位レベルで、Event Receive ブロックと Event Send ブロックを使用してイベントベースの通信を設定します。

  • 各ルート入力端子の後に Event Receive ブロックを追加します。これにより、信号の値とデータ型を保持したまま、入力イベントが信号に変換されます。

  • 各ルート出力端子の前に Event Send ブロックを追加します。これにより、信号の値とデータ型を保持したまま、入力信号がイベントに変換されます。

端子

入力

すべて展開する

AUTOSAR Blockset™ でサポートされる任意の型の入力を受け入れる Event Send ブロックの入力端子。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | enumerated | bus

出力

すべて展開する

イベントを出力する Event Send ブロックの出力端子。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | enumerated | bus

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2019a で導入