Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

autosar.api.validateModel

Simulink モデルの AUTOSAR プロパティとマッピングの検証

説明

autosar.api.validateModel(model) は、model の AUTOSAR プロパティと Simulink® から AUTOSAR へのマッピングを検証します。

この関数は、AUTOSAR コンポーネント モデルのコード マッピング エディターのビューで [検証] ボタン を使用するのと同じです。

すべて折りたたむ

この例では、Simulink 入力端子が AUTOSAR ポートとデータ要素にマッピングされないモデルを開きます。最初の検証でエラーと失敗がレポートされます。入力端子がマッピングされた後、検証が成功します。

hModel = 'autosar_model_with_unmapped_port';
load_system(hModel);

% Initial validation fails
try
    autosar.api.validateModel(hModel)
catch validationErr
    throw(validationErr)
end
Block 'autosar_model_with_unmapped_port/Input' is not mapped to an AUTOSAR port element.
% Map the unmapped port
slMap=autosar.api.getSimulinkMapping(hModel);
mapInport(slMap,'Input','Input','Input','ImplicitReceive');

% Second validation succeeds
autosar.api.validateModel(hModel)

入力引数

すべて折りたたむ

AUTOSAR プロパティと Simulink から AUTOSAR へのマッピングを検証する、読み込まれているか開いているモデル。モデル名を表すハンドル、文字ベクトル、string スカラーで指定されます。

例: 'my_model'

R2016a で導入