Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

createComponentAsModel

AUTOSAR ARXML アトミック ソフトウェア コンポーネントの Simulink 表現の作成

説明

createComponentAsModel(ar,ComponentName) によって AUTOSAR アトミック ソフトウェア コンポーネント ComponentName に対応する Simulink® モデルが作成されます。コンポーネントの記述は以前に AUTOSAR XML ファイルからインポートした AUTOSAR 情報の一部です。これは arxml.importer オブジェクト ar で表されます。インポーターにより、インポートされる AUTOSAR コンポーネントの初期の Simulink 表現が作成されます。これには、Simulink モデル要素から AUTOSAR コンポーネント要素への初期 (既定) のマッピングが含まれます。この初期表現が、AUTOSAR の構成やモデルベース デザインの開始点となります。詳細については、AUTOSAR ARXML インポーターを参照してください。

作成されるモデルの AUTOSAR コンポーネント動作の初期表現は、XML 記述によって異なります。

  • コンポーネントの XML 記述にコンポーネントの動作が記述されていない場合、インポーターは AUTOSAR ランナブルおよびポートの既定の表現を使用してモデルを作成します。

  • コンポーネントの XML 記述にコンポーネントの動作が記述されている場合、インポーターはコンポーネント内でアクセスされる AUTOSAR 要素に基づいてモデルを作成します。

    たとえば、対応する Simulink 要素を生成するためには、AUTOSAR ポートはランナブルによってアクセスされなければなりません。ランナブルが XML コードの送信側/受信側ポートまたはクライアント/サーバー ポートにアクセスしない場合、インポーターは対応する入力端子、出力端子または Simulink 関数を作成しません。

[mdl, sts] = createComponentAsModel(ar,ComponentName,Name,Value) は、Simulink モデルの作成に、1 つ以上の Name,Value のペア引数を使用して追加オプションを指定します。

すべて折りたたむ

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。AUTOSAR の周期的なランナブルを周期的レートをもつアトミック サブシステムとしてモデル化します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem')

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。AUTOSAR の周期的なランナブルを周期的レートをもつ Function-Call Subsystem としてモデル化します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','FunctionCallSubsystem')

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。AUTOSAR データ型に対応する Simulink データ オブジェクトをデータ ディクショナリ ardata.sldd に配置します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem',...
  'DataDictionary','ardata.sldd')

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。AUTOSAR ランナブル Runnable_Init をコンポーネントの初期化ランナブルとして設定します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem',...
  'InitializationRunnable','Runnable_Init')

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。PredefinedVariant Senior を使用してモデル作成時にコンポーネント内の変動点を解決します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem',...
  'PredefinedVariant','/pkg/body/Variants/Senior');

AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント /pkg/swc を XML ファイル mySWC.arxml からインポートして、コンポーネントの初期の Simulink 表現を作成します。SwSystemconstantValueSet A と B を使用してモデル作成時にコンポーネント内の変動点を解決します。

ar = arxml.importer('mySWC.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/pkg/swc','ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem',...
  'SystemConstValueSets',{'/pkg/body/SystemConstantValues/A','/pkg/body/SystemConstantValues/B'});

入力引数

すべて折りたたむ

XML ファイルから以前にインポートした AUTOSAR 情報。arxml.importer オブジェクト ハンドルとして指定されます。

アトミック ソフトウェア コンポーネントの短縮名の絶対パス。

例: '/Company/Powertrain/Components/ASWC'

名前と値のペアの引数

オプションのコンマ区切りされた Name,Value の引数ペアを指定します。ここで、Name は引数名、Value は対応する値です。Name は一重引用符で囲まなければなりません。名前と値のペアの引数は、Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように任意の順番で複数指定できます。

例: 'ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem' は AUTOSAR の周期的なランナブルを周期的レートをもつアトミック サブシステムとしてモデル化するようにインポーターに指示します。

XML ファイル内の AUTOSAR データ型に対応するデータ オブジェクトのインポート先にする Simulink データ ディクショナリ。指定されたディクショナリがまだ存在しない場合は、インポーターが作成します。その後、そのデータ ディクショナリにモデルが関連付けられます。

例: 'DataDictionary','ardata.sldd'

コンポーネントの初期化ランナブルとして選択する既存の AUTOSAR ランナブルの名前。

例: 'InitializationRunnable','Runnable_Init'

既定では、createComponentAsModel は ARXML ファイル内で検出した AUTOSAR の周期的なランナブルをインポートし、周期的レートをもつアトミック サブシステムとしてモデル化します。アトミック サブシステムが使用できない状況の場合、インポーターはエラーをスローします。

周期的なランナブルを周期的レートをもつ Function-Call Subsystem としてモデル化するには、FunctionCallSubsystem を指定します。

Auto を指定した場合、インポーターは周期的なランナブルをアトミック サブシステムとしてモデル化しようと試みます。アトミック サブシステムが使用できない状況の場合、インポーターは周期的なランナブルを Function-Call Subsystem としてモデル化します。

詳細については、複数のランナブルをもつ AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのインポートを参照してください。

例: 'ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem'

AUTOSAR XML ファイルで定義された PredefinedVariant へのパス。PredefinedVariant は、複数の有効な可能性のある組み合わせの中で、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントに適用するシステム定数値の組み合わせを記述します。このプロパティを使用して、モデルの作成時に AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント内の変動点を解決します。指定した場合、インポーターは PredefinedVariant を使用して、変動点を制御する入力として機能する SwSystemconst データを初期化します。

詳細については、事前定義値の組み合わせを使用した AUTOSAR バリアントの制御を参照してください。

例: 'PredefinedVariant','/pkg/body/Variants/Senior'

AUTOSAR XML ファイルで定義された 1 つ以上の SystemConstValueSet へのパス。SystemConstValueSet は、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントに適用する一連のシステム定数値を指定します。このプロパティを使用して、モデルの作成時に AUTOSAR ソフトウェア コンポーネント内の変動点を解決します。指定した場合、インポーターは SystemConstValueSet を使用して、変動点を制御する入力として機能する SwSystemconst データを初期化します。

詳細については、事前定義値の組み合わせを使用した AUTOSAR バリアントの制御を参照してください。

例: 'SystemConstValueSets','{'/pkg/body/SystemConstantValues/A','/pkg/body/SystemConstantValues/B'}'

出力引数

すべて折りたたむ

作成されたモデルへのハンドルを返す変数。

インポートに成功した場合は true を返す変数。そうでない場合は false を返します。

ヒント

  • オブジェクト関数 arxml.importer を呼び出す入力の最後にセミコロン (;) を付けない場合、インポーターは指定された XML ファイルの AUTOSAR の内容をリストします。この情報には、AUTOSAR パッケージ構造のソフトウェア コンポーネントへのパスが含まれます。これは、createComponentAsModel および createCompositionAsModel への呼び出しで指定できます。

  • AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントをモデルにインポートするときには、ModelPeriodicRunnablesAs プロパティを明示的に指定することをお勧めします。このプロパティは、作成されるモデル内でインポーターが AUTOSAR の周期的なランナブルをモデル化する方法を定義します。名前/値のペアの引数のプロパティの説明を参照してください。

R2008a で導入