Main Content

複数のランナブルをもつ AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのインポート

AUTOSAR ARXML インポーター関数 createComponentAsModel および createCompositionAsModel と AUTOSAR アーキテクチャ関数 importFromARXML では、複数ランナブル エンティティをもつ AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを新規の Simulink® モデルにインポートできます。モデルを作成するときに 'ModelPeriodicRunnablesAs' 引数を使用して、インポーターが AUTOSAR の周期的なランナブルを、周期的レートをもつアトミック サブシステムとしてモデル化するか (既定値)、周期的レートをもつ Function-Call Subsystem としてモデル化するかを指定します。

'ModelPeriodicRunnablesAs' を既定値の 'AtomicSubsystem' に設定した場合、インポーターによってレートベースのモデルが作成されます。ARXML コードに周期的なランナブルが含まれている場合、インポーターはアトミック サブシステムやレート変換を備えたデータ転送ラインなどのレートベースのモデル コンテンツを追加し、それらを AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからインポートされた対応する周期的ランナブルおよび IRV にマッピングします。

'ModelPeriodicRunnablesAs''FunctionCallSubsystem' に設定した場合、インポーターによって関数呼び出しベースのモデルが作成されます。インポーターは Function-Call Subsystem または関数ブロック、信号線を追加し、それらを AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントからインポートされた対応するランナブルおよび IRV にマッピングします。

設計によって Function-Call Subsystem の使用が必要とされる場合を除いて、'ModelPeriodicRunnablesAs''AtomicSubsystem' に設定します。次の呼び出しは複数ランナブル AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントを ARXML ファイルからインポートし、新しいレートベースのモデルにマッピングするようにインポーターに指示しています。ARXML ファイルは、既定の MATLAB® 検索パス上の matlabroot/examples/autosarblockset/data にあります。

ar = arxml.importer('ThrottlePositionControlComposition.arxml')
createComponentAsModel(ar,'/Company/Components/Controller',...
  'ModelPeriodicRunnablesAs','AtomicSubsystem')

詳細については、AUTOSAR ソフトウェア コンポーネントのモデル化を参照してください。

参考

| |

関連するトピック