Main Content

AUTOSAR Component Designer

AUTOSAR 準拠の C または C++ コードを生成し、車載システムで使用されるプロセッサの ARXML 記述をエクスポートします。

説明

AUTOSAR Component Designer アプリを使用して、AUTOSAR コンポーネント モデルから C または C++ コードと ARXML 記述を生成します。アプリを開くと、[AUTOSAR] タブがツールストリップに追加されています。[AUTOSAR] タブは、AUTOSAR Blockset ワークフローのタスクのグループを表します。

アプリを使用して次のタスクを実行します。

  • AUTOSAR Blockset に慣れていない場合は、Embedded Coder® クイック スタートを使用して、モデルを AUTOSAR コード生成用に準備します。クイック スタートでは、目標とアプリケーションに基づいて基本のコード生成設定を選択します。[クイック スタート] をクリックします。コード生成出力では、[AUTOSAR に準拠する C コード] または [AUTOSAR Adaptive Platform に準拠する C++ コード] を選択します。

  • コード生成の目的を設定し、コード生成用にモデルを準備する。[C/C++ コード アドバイザー] をクリックします。

  • モデル コンフィギュレーション パラメーターの構成。[設定][C/C++ コード生成設定] または [設定][ハードウェア実行]を選択します。

  • AUTOSAR Component Designer アプリを開くと、コード マッピング エディターを含む AUTOSAR コードのパースペクティブが開きます。コード マッピング エディターを使用して、モデルのエントリポイント関数、データ、およびその他の要素を、AUTOSAR 規格で定義された AUTOSAR 要素およびプロパティにマッピングします。[コード インターフェイス][個々の要素コードのマッピング]を選択します。

  • AUTOSAR ディクショナリを使用して、AUTOSAR コンポーネントのパースペクティブで AUTOSAR 要素を設定します。[コード インターフェイス][AUTOSAR ディクショナリ] を選択するか、コード マッピング エディターから をクリックします。[XML Options] ビューで、ARXML エクスポートの設定を構成します。

  • テストまたは統合のために AUTOSAR コードと ARXML 記述を生成する。[コードの生成] をクリックします。

  • 生成コードとモデルを一緒に表示するには、コード ビューを開きます。[コードの表示] をクリックします。コード ビューで、ハイパーリンクされたコード行をクリックして、モデル要素とコード間をトレースできます。トレーサビリティの強調表示を削除するには、[強調表示の削除] をクリックします。

  • [レポートを開く] をクリックして、最新の HTML コード生成レポートを開きます。HTML レポート生成オプションを設定するには、[レポートを開く] メニューから [レポート オプション] を選択します。

  • シミュレーションおよびコード生成用にサードパーティと共有する保護モデルを作成します。[共有][保護されたモデルの生成] を選択します。

  • たとえば再置換や統合のために、モデル コードおよびビルド アーティファクトを ZIP ファイルにパッケージ化します。[共有][コードの生成とパッケージ化] を選択します。オプションで、生成された ZIP の名前を変更できます。

AUTOSAR Component Designer アプリを開く

[アプリ] ギャラリーの [コード生成] の下で、[AUTOSAR Component Designer] をクリックします。[AUTOSAR] タブが開きます。

ヒント

  • モデルの階層構造を操作している場合は、Simulink® エディター ウィンドウで AUTOSAR Component Designer アプリを開いて、コードを生成している階層の最上位モデルを見つけます。[AUTOSAR] タブでは、エディターで開かれている階層の最上位モデルに対して機能が適用されます。

  • 参照モデルのコードを設定および表示するには、階層内のモデルに移動して、AUTOSAR ディクショナリ、コード マッピング エディター、およびコード ビューを使用します。これらのビューはアクティブなモデル (最上位モデルまたは参照モデル) に適用されます。

バージョン履歴

R2019b で導入