最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

parula

parula カラーマップ配列

説明

c = parula は、現在の Figure のカラーマップと同じ行数をもつ 3 列の配列として parula カラーマップを返します。Figure が存在しない場合、行数は既定の長さ 256 と等しくなります。配列の各行には、特定の色の赤、緑、青の強度が格納されます。強度値は [0,1] の範囲であり、カラー スキームは次の図のように表示されます。

c = parula(m) は、m 色のカラーマップを返します。

すべて折りたたむ

既定の parula カラーマップを使用して表面をプロットします。

surf(peaks);

parula カラーマップ配列を取得し、順序を反転します。次に、変更したカラーマップを表面に適用します。

c = parula;
c = flipud(c);
colormap(c);

10 色のみを含む、parula カラーマップのダウンサンプリング バージョンを取得します。次に、そのカラーマップと内挿によるシェーディングを適用して、関数 peaks の等高線を表示します。

c = parula(10);
surf(peaks);
colormap(c);
shading interp;

入力引数

すべて折りたたむ

色数。スカラー整数値として指定します。m の既定値は、現在の Figure のカラーマップの長さと等しい値です。Figure が存在しない場合、既定値は 256 です。

データ型: single | double

互換性についての考慮事項

すべて展開する

R2019b での動作変更

R2017a での動作変更

R2014b で導入