ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

書式設定と注釈

ラベルの追加、色の調整、軸範囲の定義、ライティングおよび透明度の適用、カメラ ビューの設定

追加情報を示したり、データの表示を改善するには、プロットの外観をカスタマイズします。たとえば、タイトルやラベルを追加したり、軸の範囲を変えたり、グリッド ラインを追加したりできます。また、すべてのデータを 1 つの座標軸で表示するか、1 つの Figure で複数の座標軸を使用することで、複数のデータのセットを 1 つの Figure に統合できます。

  • タイトルとラベル
    タイトル、軸のラベル、情報テキストおよびその他のグラフ注釈機能の追加
  • 座標軸の外観
    軸の範囲と目盛りの値の変更、グリッド ラインの追加、複数のプロットの結合
  • カラーマップ
    カラーマップの表示と変更、色のスケーリングの制御、カラー バーの追加
  • 3 次元シーン制御
    ライトの追加、オブジェクトの透明度の設定、カメラ ビューの制御

注目の例