ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グリッド ラインの追加と配置の編集

この例では、グラフにグリッド ラインを追加する方法を説明します。また、グリッド ラインの配置の編集方法や、外観の変更方法についても説明します。

グリッド ラインの表示

棒グラフを作成し、グリッド ラインを表示します。グリッド ラインは目盛りの位置に表示されます。

y = rand(10,1);
bar(y)
grid on

マイナー グリッド ラインを目盛りの間に追加します。

grid minor

すべてのグリッド ラインをオフにします。

grid off

特定方向のグリッド ラインを表示

特定方向のグリッド ラインを表示するには、Axes オブジェクトにアクセスして、XGridYGrid、および ZGrid プロパティを設定します。これらのプロパティは、'on' または 'off' のいずれかに設定します。

2 次元プロットを作成し、グリッド ラインを y 方向のみで表示します。

y = rand(10,1);
bar(y)
ax = gca;
ax.XGrid = 'off';
ax.YGrid = 'on';

3 次元プロットを作成し、グリッド ラインを z 方向のみで表示します。box on コマンドを使用して、座標軸のボックスの外枠を表示します。

[X,Y,Z] = peaks;
surf(X,Y,Z)
box on
ax = gca;
ax.ZGrid = 'on';
ax.XGrid = 'off';
ax.YGrid = 'off';

グリッド ラインの配置の編集

乱数データの散布図を作成し、グリッド ラインを表示します。

x = rand(50,1);
y = rand(50,1);
scatter(x,y)
grid on

グリッド ラインは目盛りの位置に表示されます。目盛りの位置を変更することにより、グリッド ラインの配置を編集します。

xticks(0:0.2:1)
yticks([0 0.5 0.8 1])

グリッド ラインの外観の変更

領域プロットのグリッド ラインの色、ライン スタイル、および透明度を変更します。グリッド ラインの外観を変更するには、Axes オブジェクトにアクセスします。次に、グリッドに関連する、GridColorGridLineStyleGridAlpha などのプロパティを設定します。プロットの上にグリッド ラインを表示するには、Layer プロパティを設定します。

y = rand(10,1);
area(y)
grid on

ax = gca;
ax.GridColor = [0 .5 .5];
ax.GridLineStyle = '--';
ax.GridAlpha = 0.5;
ax.Layer = 'top';

参考

関数

プロパティ

関連するトピック