Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

グリッド ラインの追加と配置の編集

この例では、グラフにグリッド ラインを追加する方法を説明します。また、グリッド ラインの配置の編集方法や、外観の変更方法についても説明します。

グリッド ラインの表示

棒グラフを作成し、グリッド ラインを表示します。グリッド ラインは目盛りの位置に表示されます。

y = rand(10,1);
bar(y)
grid on

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bar.

マイナー グリッド ラインを目盛りの間に追加します。

grid minor

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bar.

すべてのグリッド ラインをオフにします。

grid off

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bar.

特定方向のグリッド ラインを表示

特定方向のグリッド ラインを表示するには、Axes オブジェクトにアクセスして、XGridYGrid、および ZGrid の各プロパティを設定します。これらのプロパティは、'on' または 'off' のいずれかに設定します。

2 次元プロットを作成し、グリッド ラインを y 方向のみで表示します。

y = rand(10,1);
bar(y)
ax = gca;
ax.XGrid = 'off';
ax.YGrid = 'on';

Figure contains an axes. The axes contains an object of type bar.

3 次元プロットを作成し、グリッド ラインを z 方向のみで表示します。box on コマンドを使用して、座標軸のボックスの外枠を表示します。

[X,Y,Z] = peaks;
surf(X,Y,Z)
box on
ax = gca;
ax.ZGrid = 'on';
ax.XGrid = 'off';
ax.YGrid = 'off';

Figure contains an axes. The axes contains an object of type surface.

グリッド ラインの配置の編集

乱数データの散布図を作成し、グリッド ラインを表示します。

x = rand(50,1);
y = rand(50,1);
scatter(x,y)
grid on

Figure contains an axes. The axes contains an object of type scatter.

グリッド ラインは目盛りの位置に表示されます。目盛りの位置を変更することにより、グリッド ラインの配置を編集します。

xticks(0:0.2:1)
yticks([0 0.5 0.8 1])

Figure contains an axes. The axes contains an object of type scatter.

グリッド ラインの外観の変更

領域プロットのグリッド ラインの色、ライン スタイル、および透明度を変更します。グリッド ラインの外観を変更するには、Axes オブジェクトにアクセスします。次に、グリッドに関連する、GridColorGridLineStyleGridAlpha などのプロパティを設定します。プロットの上にグリッド ラインを表示するには、Layer プロパティを設定します。

y = rand(10,1);
area(y)
grid on

ax = gca;
ax.GridColor = [0 .5 .5];
ax.GridLineStyle = '--';
ax.GridAlpha = 0.5;
ax.Layer = 'top';

Figure contains an axes. The axes contains an object of type area.

参考

関数

プロパティ

関連するトピック