ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

軸の範囲の指定

座標軸に表示するデータの位置は、x 軸、y 軸、および z 軸の範囲を設定することで制御できます。また、x 軸と y 軸のライン表示の位置変更 (2 次元プロットのみ) や、各軸に沿った値の増加方向の反転が可能です。

軸の範囲の変更

ライン プロットを作成します。関数 xlim および関数 ylim を使用して軸の範囲を指定します。3 次元プロットの場合は、関数 zlim を使用します。関数に [min max] の形式の 2 要素ベクトルを渡します。

x = linspace(-10,10,200); 
y = sin(4*x)./exp(x);
plot(x,y)
xlim([0 10])
ylim([-0.4 0.8])

軸範囲の半自動設定の使用

x 軸の上限値を 0、y 軸の下限値を -1 に設定します。その他の範囲は MATLAB により選択されます。下限値および上限値を自動的に計算する場合は、それぞれ -inf または inf を使用します。

[X,Y,Z] = peaks;
surf(X,Y,Z)
xlabel('x-axis')
ylabel('y-axis')
xlim([-inf 0]) 
ylim([-1 inf])

既定の範囲に戻す

メッシュ プロットを作成し、軸の範囲を変更します。次に、既定の範囲に戻します。

[X,Y,Z] = peaks;
mesh(X,Y,Z)
xlim([-2 2])
ylim([-2 2])
zlim([-5 5])

xlim auto
ylim auto
zlim auto

軸の方向の反転

x 軸と y 軸の値が増加する方向は、Axes オブジェクトの XDir プロパティと YDir プロパティを設定することで制御します。これらのプロパティを 'reverse' または 'normal' (既定) のいずれかに設定します。Axes オブジェクトにアクセスするには、gca コマンドを使用します。

stem(1:10)
ax = gca;
ax.XDir = 'reverse';
ax.YDir = 'reverse';

原点を通る軸のラインの表示

既定では、x 軸と y 軸は座標軸の外側の境界に沿って表示されます。軸のラインの位置を変えて原点 (0,0) で交差させるには、Axes オブジェクトの XAxisLocation プロパティと YAxisLocation プロパティを設定します。XAxisLocation'top''bottom''origin' のいずれかに設定します。YAxisLocation'left''right''origin' のいずれかに設定します。これらのプロパティは 2 次元表示の座標軸にのみ適用されます。

x = linspace(-5,5);
y = sin(x);
plot(x,y)

ax = gca;
ax.XAxisLocation = 'origin';
ax.YAxisLocation = 'origin';

座標軸のボックスの外枠を削除します。

box off

参考

関数

プロパティ

関連するトピック