ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

座標軸の外観

軸の範囲と目盛りの値の変更、グリッド ラインの追加、複数のプロットの結合

座標軸は、範囲の変更、目盛りの位置の制御、目盛りラベルの書式設定、グリッド ラインの追加などによりカスタマイズできます。また、複数のプロットを結合することができます。これには、2 番目の y 軸を追加するオプションにより、個別の座標軸を同じ Figure で使用するか、同じ座標軸で複数のプロットを結合します。

関数

すべて展開する

xlimx 軸の範囲の設定とクエリ
ylimy 軸の範囲の設定とクエリ
zlimz 軸の範囲の設定とクエリ
axis軸の範囲と縦横比の設定
box座標軸の外枠の表示
daspect各軸でのデータ単位の長さを制御
pbaspect各軸の相対的な長さの制御
grid座標軸のグリッド ラインの表示または非表示
xticksx 軸の目盛り値の設定またはクエリ
yticksy 軸の目盛り値の設定またはクエリ
zticksz 軸の目盛り値の設定またはクエリ
xticklabelsx 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
yticklabelsy 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
zticklabelsz 軸の目盛りラベルの設定またはクエリ
xtickformatx 軸の目盛りラベルの形式を指定
ytickformaty 軸の目盛りラベルの形式を指定
ztickformatz 軸の目盛りラベルの形式を指定
xtickanglex 軸の目盛りラベルの回転
ytickangley 軸の目盛りラベルの回転
ztickanglez 軸の目盛りラベルの回転
datetick日付を書式化した目盛りラベルを付ける
ruler2numデータを特定のルーラーから数値データに変換
num2ruler数値データを特定のルーラーで使用できるよう変換
hold新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持
subplotタイル状に配置された Axes の作成
sgtitleサブプロット グリッドへのタイトルの追加
yyaxis2 本の y 軸があるチャートの作成
cla座標軸のクリア
axes直交座標軸の作成
figureFigure ウィンドウの作成

プロパティ

Axes のプロパティ 座標軸の外観と動作
Text のプロパティサブプロット グリッドのタイトルの外観と動作

トピック

範囲、目盛り、およびグリッド

軸の範囲の指定

軸の範囲を設定することにより、座標軸でデータを表示する位置を制御する。

軸の目盛り値とラベルの指定

目盛り値の配置を編集したり、目盛りラベルのテキストや書式設定を変更するなど、軸の目盛り値とラベルをカスタマイズする。

グリッド ラインの追加と配置の編集

グラフにグリッド ラインを追加し、配置と外観を変更する。

グラフィックスの平滑化の使用

この例では、MATLAB プロットでグラフィックスおよびフォントの平滑化を使用する方法を示します。

複数のプロットの結合

複数のプロットの結合

同じ座標軸で複数のプロットを結合するか、サブプロットを作成することにより、複数のプロットを同じ Figure にまとめて表示する。

2 つの y 軸があるチャートの作成

左右両側に y 軸があるチャートを作成する。

2 つの y 軸があるチャートのプロパティの変更

2 つの y 軸があるチャートを、軸のプロパティの設定によって、または基となるルーラー オブジェクトへのアクセスによって変更する。

複数の x 軸と y 軸があるチャートの作成

2 つの異なる Axes オブジェクトを重ね合わせることにより、2 つの x 軸と 2 つの y 軸があるグラフを作成する。

縦横比およびレイアウト

軸の長さとデータ単位の長さの比を制御

プロット ボックスの縦横比およびデータの縦横比を設定することで軸およびデータ単位の長さを制御する。

座標軸のレイアウトの制御

座標軸のプロパティを設定して、座標軸のサイズと位置、タイトルとラベルのレイアウト、および座標軸のサイズ変更の動作を制御する。

プロットおよびグラフのクリップ

この例では、MATLAB® によりプロットでクリップを使用する方法およびクリップを制御する方法を示します。