ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

xtickformat

x 軸の目盛りラベルの形式を指定

説明

xtickformat(fmt) は、x 軸の数値目盛りラベルの形式を設定します。たとえば、fmt'usd' として指定して、ラベルを米国ドル単位で表示します。

xtickformat(datefmt) は、日付または時刻を表示するラベルの形式を設定します。たとえば、datefmt'MM-dd-yy' として指定し、日付を 04-19-16 のように表示します。このオプションは、datetime 値をもつ x 軸のみに適用されます。

xtickformat(durationfmt) は、期間を示すラベルの形式を設定します。たとえば、durationfmt'm' として指定して、分単位で期間を表示します。このオプションは、duration 値をもつ x 軸にのみ適用されます。

xtickformat(ax,___) は、現在の座標軸の代わりに ax で指定される座標軸を使用します。最初の入力引数として ax を指定します。

xfmt = xtickformat は、現在の座標軸の x 軸の目盛りラベルで使用される形式スタイルを返します。x 軸に沿ったラベルのタイプに応じて、xfmt は、数値形式、日付形式または期間形式の文字ベクトルとなります。

xfmt = xtickformat(ax) は、現在の座標軸の代わりに ax で指定された座標軸に使用されている形式スタイルを返します。

すべて折りたたむ

小数値付きまたはなしで、x 軸の目盛りラベルをドル単位で表示します。

棒グラフを作成します。x 軸に沿って、ドル単位で目盛りラベルを表示します。

x = 0:20:100;
y = [88 67 98 43 45 65];
bar(x,y)
xtickformat('usd')

目盛りラベルの形式をクエリします。MATLAB® は、書式演算子を含む文字ベクトルとして形式を返します。

fmt = xtickformat
fmt = 
'$%,.2f'

精度値 2 ではなく 0 を使用するように数値形式を調整することで、小数値なしで目盛りラベルを表示します。

xtickformat('$%,.0f')

折れ線グラフの作成後に、各値の後にテキスト "GHz" を付けた目盛りラベルを x 軸に沿って表示します。

x = 1:10;
y = [.17 .25 .27 .28 .3 .32 .33 .34 .345 .35];
plot(x,y,'-V')
xtickformat('%g GHz')

散布図の作成後に、小数点以下 2 桁の x 軸の目盛りラベルを表示します。固定小数点表記の変換文字と精度値 2 を使用する数値形式の文字ベクトルを xtickformat に渡し、小数点以下の桁数を制御します。

x = linspace(0,1,100);
y = randn(1,100).*cos(x);
scatter(x,y)
xtickformat('%.2f')

x 軸に沿って datetime 値をもつライン プロットを作成します。その後、日付の形式を変更します。

t = datetime(2014,6,28) + caldays(1:10);
y = rand(1,10);
plot(t,y);
xtickformat('MM-dd')

x 軸に沿って duration 値をもつライン プロットを作成します。その後、目盛りラベルの形式を変更します。

t = 0:seconds(30):minutes(3);
y = rand(1,7);
plot(t,y)
xtickformat('mm:ss')

散布図を作成して、x 軸の目盛りラベルをユーロ単位で表示します。その後、目盛りラベルの形式をクエリします。MATLAB® は、書式演算子を含む文字ベクトルとして形式を返します。

x = rand(100,1);
y = rand(100,1);
scatter(x,y)
xtickformat('eur')

xfmt = xtickformat
xfmt = 
'\x20AC%,.2f'

2 つのサブプロットを含む Figure を作成し、axes オブジェクトを ax1 および ax2 として返します。ax2xtickformat への最初の入力引数として指定することで、下部のサブプロットの x 軸の目盛りラベル形式を指定します。目盛りラベルを米国ドル単位で表示します。

ax1 = subplot(2,1,1);
plot(rand(6))

ax2 = subplot(2,1,2);
plot(rand(6))
xtickformat(ax2,'usd')

入力引数

すべて折りたたむ

数値の目盛りラベルの形式。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。次の表にリストされている形式のいずれかを指定できます。あるいは、カスタム形式を指定することもできます。

事前定義された形式説明
'usd'

米国ドル。このオプションは、'$%,.2f' を使用するのと同等です。ラベルが科学表記を使用する場合、このオプションは指数値を 0 に設定します。

'eur'

ユーロ。このオプションは、指数値 0 で '\x20AC%,.2f' を使用するのと同等です。

'gbp'

英国ポンド。このオプションは、指数値 0 で '\x00A3%,.2f' を使用するのと同等です。

'jpy'

日本円。このオプションは、指数値 0 で '\x00A5%,d' を使用するのと同等です。

'degrees'

値の後に度記号を表示します。このオプションは、既定の指数値で '%g\x00B0' を使用するのと同等です。

'percentage'

値の後にパーセント記号を表示します。このオプションは、既定の指数値で '%g%%' を使用するのと同等です。

'auto'

既定の指数値を使用した '%g' の既定の形式です。

例: xtickformat('usd')

カスタム数値形式

識別子を含む文字ベクトルまたは string を作成することで、カスタムの数値形式を指定できます。

パーセント記号と変換文字を除き、識別子の指定はオプションです。次の順序で形式を作成します。

  • 1 つ以上のフラグ — 正の値の前にプラス記号を付けるなどのオプション。オプションの全リストについては、オプションのフラグの表を参照してください。

  • フィールド幅 — 目盛りラベルに出力する文字の最小数。フィールド幅は整数値として指定します。目盛り値の有効桁数がフィールド幅より小さい場合、ラベルは空白でパディングされます。

  • 精度 — 変換文字に応じた、小数点以下の桁数または有効桁数。精度は整数値として指定します。

  • 変換文字 — 値のタイプ。オプションの全リストについては、変換文字の表を参照してください。データに適さない変換を指定すると、MATLAB® は指定された変換をオーバーライドし、%e を使用します。

また、形式の先頭または末尾にリテラル テキストを指定できます。一重引用符を出力するには、'' を使用します。パーセント記号を出力するには、%% を使用します。

例: xtickformat('%.2f') は、小数点以下 2 桁の固定小数点表記を使用して値を表示します。

例: xtickformat('$%.2f') は、各値の前にドル記号を表示します。

例: xtickformat('%.2f million') は、各値の後に million を表示します。

オプションのフラグ

識別子説明数値形式の例
,'1,000' のように 3 桁ごとにコンマを表示します。'%,4.4g'
+'+100' のように、正の値に符号文字 (+) を出力します。'%+4.4g'
0'0100' のように、先頭に空白の代わりにゼロを付けてフィールド幅をパディングします。'%04.4g'
左揃え。値の先頭ではなく末尾を空白でパディングします。たとえば、フィールド幅が 4 の場合、このフラグはラベルを ' 100' ではなく '100 ' に書式設定します。'%-4.4g'
#

%f%e および %g の各変換文字の場合は、'100.' のように、精度が 0 であっても小数点が出力されます。%g の場合、後続のゼロは削除しません。

'%#4.4g'

変換文字

識別子説明
d または i基数 10 の符号付き整数。精度値は有効桁数を示します。 '%.4d' は、π を 0003 として表示します。
f固定小数点表記。精度値は小数点以下の桁数を示します。'%.4f' は、π を 3.1416 として表示します。
e指数表現。精度値は小数点以下の桁数を示します。'%.4e' は、π を 3.1416x100 として表示します。
ge または f のいずれかコンパクトな方のバージョン。後続のゼロは除きます。精度値は小数点以下の最大桁数を示します。'%.4g' は、π を 3.1416 として表示します。

日付と時刻の形式。'auto'、文字ベクトル、または string スカラーとして指定します。既定の形式はデータに基づきます。

例: xtickformat('yyyy-MM-dd') は、日付と時刻を 2016-04-19 のような形式で表示します。

例: xtickformat('eeee, MMMM d, yyyy HH:mm:ss') は、日付と時刻を Saturday, April 19, 2016 21:41:06 のような形式で表示します。

例: xtickformat('MMMM d, yyyy HH:mm:ss Z') は、日付と時刻を April 19, 2016 21:41:06 -0400 のような形式で表示します。

表示形式の表に、形式を作成するために使用できる文字識別子を示します。フィールドを区切るために、ハイフン、スペース、コロンなどの記号や ASCII 以外の文字を含めることができます。識別子は、Unicode® ロケール データ マークアップ言語 (LDML) の標準の日付表記に対応します。

日付と時刻の形式

日付および時刻のフィールドの表示形式を指定するには、次の識別子を使用します。

文字識別子説明表示
G紀元CE
y先頭に 0 を付けない表記の年。この表の後のメモを参照してください。2014
yy下 2 桁表記の年。この表の後のメモを参照してください。14
yyyyyyy ...'y' の数に対応する桁数以上で表記した年2014 年の場合、'yyy' では 2014 と表示され、'yyyyy' では 02014 と表示されます。
uuu ...ISO 年。年を単一の数値で表したものです。ISO 年では、紀元後の年が正の値、紀元前の年が負の値で表され、紀元前 1 年が 0 年になります。2014
Q1 桁表記の四半期2
QQ2 桁表記の四半期02
QQQ省略形で表記した四半期Q2
QQQQ完全名で表記した四半期第2四半期
M1 桁または 2 桁の数値で表記した月4
MM2 桁の数値で表記した月04
MMM短縮名で表記した月4月
MMMM完全名で表記した月4月
MMMMM大文字の頭文字で表記した月A
W月間通算週1
d1 桁または 2 桁表記の月間通算日5
dd2 桁表記の月間通算日05
D1 ~ 3 桁表記の年間通算日95
DD2 桁表記の年間通算日95
DDD3 桁表記の年間通算日095
e1 桁または 2 桁の数値で表記した曜日7 (週の始まりは日曜日)
ee2 桁の数値で表記した曜日07
eee短縮名で表記した曜日
eeee完全名で表記した曜日土曜日
eeeee先頭文字で表記した曜日
a午前と午後の区分午後
h1 桁または 2 桁表記の 12 時間制の時間9
hh2 桁表記の 12 時間制の時間09
H1 桁または 2 桁表記の 24 時間制の時間21
HH2 桁表記の 24 時間制の時間21
m1 桁または 2 桁表記の分41
mm2 桁表記の分41
s1 桁または 2 桁表記の秒6
ss2 桁表記の秒06
SSS ... SSSSSSSSS'S' の数に対応する桁数で表記した秒の小数部 (最大 9 桁)'SSS' の場合、6.12345 秒は 123 までに切り捨てられます。

ヒントと考慮事項:

  • ゼロに近い年番号を扱うときは、文字 y の代わりに文字 u を 1 文字以上使用します。

  • 紀元後 144683 年より後または紀元前 140743 年より前の datetime 値については、指定した形式の値に関係なく、年番号のみが表示されます。

タイム ゾーン オフセットの形式

タイム ゾーン オフセットの表示形式を指定するには、次の識別子を使用します。タイム ゾーン オフセットは、特定の日付および時刻と UTC との時差です。タイム ゾーン オフセットは、その年の特定の時刻のオフセットを決定するルールを構成しているタイムゾーンとの時差です。時刻の成分が必ず明確に表示されるようにする場合は、タイム ゾーン オフセットの識別子を含めます。

文字識別子説明表示
zタイム ゾーン オフセットの省略名。この値が指定されていない場合、タイム ゾーン オフセットには UTC-4 などの短い UTC 形式が使用されます。EDT
ZISO 8601 基本形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。-0400
ZZZZ長い UTC 形式。UTC-04:00
ZZZZZISO 8601 拡張形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00
x または XISO 8601 基本形式。時、分 (オプション) の各フィールドがあります。X を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04
xx または XXISO 8601 基本形式。時、分の各フィールドがあります。XX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-0400
xxx または XXXISO 8601 拡張形式。時、分の各フィールドがあります。XXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00
xxxx または XXXXISO 8601 基本形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。XXXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-0400
xxxxx または XXXXXISO 8601 拡張形式。時、分、秒 (オプション) の各フィールドがあります。XXXXX を指定すると、ISO 8601 UTC 指定子 "Z" として 0 の時間オフセットが表示されます。-04:00

duration 値の形式。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

小数部を含む 1 つの数値として期間を表示するには (1.234 時間など)、次のいずれかの形式を指定します。

形式 説明
'y'固定長の正確な年数。固定長の 1 年は 365.2425 日と等しくなります。
'd'固定長の正確な日数。固定長の 1 日は 24 時間と等しくなります。
'h'時間数
'm'分の値
's'秒数

デジタル タイマーの形式で期間を表示するには、次のいずれかの形式を指定します。

  • 'dd:hh:mm:ss'

  • 'hh:mm:ss'

  • 'mm:ss'

  • 'hh:mm'

さらに、文字 S を最大 9 個追加することにより、秒の小数部を最大 9 桁表示できます。たとえば、'hh:mm:ss.SSS' は duration のミリ秒の値を 3 桁表示します。

ターゲット座標軸。単一の Axes オブジェクトまたは Axes オブジェクトのベクトルとして指定します。座標軸を指定しない場合、xtickformat は現在の座標軸を使用します。

アルゴリズム

関数 xtickformat は、x 軸に関連付けられたルーラー オブジェクトの TickLabelFormat プロパティを設定して、クエリします。

R2016b で導入