Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

プロットおよびグラフのクリップ

この例では、MATLAB® によりプロットでクリップを使用する方法およびクリップを制御する方法を示します。

クリップとは

プロットの一部が座標軸の境界の外側で発生すると、クリップが発生します。MATLAB® では、クリップされたプロットの部分は、画面や印刷された出力に表示されません。プロットの軸の範囲により境界が決定されます。

クリップをオフにする

既定では、MATLAB は座標軸の範囲外に展開されるプロットをクリップします。

figure
surf(peaks)
zlim([-4 4])

座標軸の Clipping プロパティを使用してクリップの動作を制御します。

ax = gca;               % get the current axis
ax.Clipping = 'off';    % turn clipping off

クリップ スタイルの制御

ClippingStyle プロパティを使用して、クリップの処理方法を制御します。ClippingStyle'3dbox' に設定されている場合、MATLAB は xyz 座標軸の範囲で定義されるボリュームに対しプロットをクリップします。ClippingStyle'rectangle' に設定されている場合、MATLAB は xyz 座標軸の外側に描画された架空の四角形に対しプロットをクリップします。以下のプロットは、2 つのクリップ スタイルの差異を示しています。

2 次元プロットのクリップ

クリップは 2 次元プロットでも使用されます。たとえば、MATLAB は以下のプロットで正弦波をクリップします。

x = -pi:pi/20:pi;
y = sin(-pi:pi/20:pi);
plot(x,y)
ylim([-0.9 0.9])

クリップをオフにすると、MATLAB は正弦波全体を表示します。

ax = gca;
ax.Clipping = 'off';

クリップおよびマーカー

データ点自体がプロットの x 軸と y 軸の範囲内にある限り、クリップは各データ点で描画されるマーカーに影響しません。MATLAB は、マーカーが座標軸の境界のわずか外側に出ていても、マーカー全体を表示します。

p = plot(1:10,'*');
p.MarkerSize = 10;
axis([1 10 1 10])