ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

hold

新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持

構文

hold on
hold off
hold all
hold
hold(ax,___)

説明

hold on は現在の座標軸のプロットを保持し、座標軸に追加される新しいプロットによって既存のプロットが削除されないようにします。新しいプロットには座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づいて次の色とライン スタイルが使用されます。MATLAB® は座標軸の範囲、目盛りおよび目盛りラベルを調整して、データのすべての範囲を表示します。座標軸が存在しない場合、hold コマンドは座標軸を作成します。

hold off はホールド状態をオフに設定するため、新しいプロットを座標軸に追加すると既存のプロットは消去され、座標軸のプロパティはすべてリセットされます。座標軸に次のプロットを追加すると、座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づいて最初の色とライン スタイルが使用されます。このオプションは既定の動作です。

hold all は、hold on と同じです。この構文は将来のリリースで削除される予定です。代わりに hold on を使用してください。

hold はホールド状態のオンとオフを切り替えます。

hold(ax,___) は、現在の座標軸ではなく、ax で指定された座標軸にホールド状態を設定します。前述の任意の構文で、最初の入力引数として座標軸を指定します。hold(ax,'on') のように、'on''off' の入力を一重引用符で囲みます。

すべて折りたたむ

ライン プロットを作成します。hold on を使用し、既存のライン プロットを削除せずに 2 番目のライン プロットを追加します。新しいプロットは座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づいて次の色とライン スタイルを使用します。次に、ホールド状態をオフにリセットします。

x = linspace(-pi,pi);
y1 = sin(x);
plot(x,y1)

hold on
y2 = cos(x);
plot(x,y2)
hold off

ホールド状態がオフの場合、新しいプロットは既存のプロットを削除します。新しいプロットでは、色とライン スタイルの順序の先頭から使用を開始します。

y3 = sin(2*x);
plot(x,y3)

2 つのサブプロットを含む Figure を作成し、Axes オブジェクトを変数 ax1ax2 に割り当てます。各サブプロットにライン プロットを追加します。次に、上のサブプロットに 2 番目のライン プロットを追加します。

ax1 = subplot(2,1,1);
x = linspace(0,10);
y1 = sin(x);
plot(ax1,x,y1)

ax2 = subplot(2,1,2);
y2 = cos(x);
plot(ax2,x,y2)

hold(ax1,'on')
y3 = sin(2*x);
plot(ax1,x,y3)
hold(ax1,'off')

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット座標軸。Axes オブジェクトまたは PolarAxes オブジェクトとして指定します。座標軸を指定しない場合、hold は現在の座標軸にホールド状態を設定します。

ヒント

  • ホールド状態を確認するには関数 ishold を使用します。

アルゴリズム

関数 hold は、Axes オブジェクトまたは PolarAxes オブジェクトの NextPlot プロパティを 'add' または 'replace' のいずれかに設定します。

R2006a より前に導入