Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

ishold

現在ホールド状態

構文

tf = ishold
tf = ishold(ax)

説明

tf = ishold は、現在の座標軸のホールド状態を返します。holdon である場合の戻り値の状態は 1off である場合の戻り値の状態は 0 です。holdon の場合、現在のプロットおよびほとんどの座標軸のプロパティが保持され、後続のグラフ化コマンドが既存のグラフに付加されます。Figure がない場合は、ishold0 を返し、MATLAB® によって新しい Figure が作成されます。

tf = ishold(ax) は、AxesPolarAxes、または GeographicAxes オブジェクトのいずれかである指定された axes オブジェクトのホールド状態を返します。同じクラスに属する複数の axes オブジェクトの配列として ax を指定することもできます (関数 class を使用してクラスを判断します)。

hold on の状態は、Figure と座標軸の両方の NextPlot プロパティが 'add' に設定されていることを前提としています。

R2006a より前に導入