ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

newplot

グラフィックス オブジェクトの描画位置の決定

構文

newplot
h = newplot
h = newplot(sv)

説明

関数 newplot は、次に入力するグラフィックス コマンドの Figure や座標軸を用意します。

h = newplot は、次に入力するグラフィックス コマンドの Figure や座標軸を用意し、現在の座標軸を返します。

h = newplot(sv)sv 引数で指定されたオブジェクトを削除しません。このオブジェクトはグラフィックス オブジェクトのベクトルである場合があります。現在の Figure の現在の座標軸の代わりに、sv のオブジェクトを含む Figure と座標軸が、プロットのために準備されます。sv が空の場合、関数 newplot は、入力なしで呼び出されたように動作します。

ヒント

単純な 2 次元プロットを作成するには、代わりに関数 plot を使用します。

高水準のグラフィックスのコードの先頭に関数 newplot を使用することで、グラフィックスの出力のターゲットとなる Figure や Axes が決められます。関数 newplot を実行することで、現在の Figure と現在の Axes を変更できます。基本的には、既存の Figure や Axes 内にグラフィックスを描画するには、3 種類のオプションがあります。

  • プロパティを変更したり、オブジェクトを消去せずに、新規のグラフィックスを追加

  • 新規のオブジェクトを描画する前に、ハンドルが隠されていない既存のすべてのオブジェクトを消去

  • ハンドルが隠されているかどうかにかかわらず、すべての既存のオブジェクトを消去し、新規のオブジェクトを描画する前に、ほとんどのプロパティを既定の設定にリセット (詳細は、次の表を参照)

Figure と座標軸の NextPlot プロパティが、newplot の動作を決定します。次の 2 つの表に、プロパティ値と共にそれらの動作を説明します。

最初に、newplot は現在の Figure の NextPlot プロパティを読み取り、それに従って動作します。

NextPlot

動作

new

新規 Figure を作成し、現在の Figure として利用します。

add

既存のグラフィックス オブジェクトを消去せずに、現在の Figure に描画します。

replacechildren

HandleVisibility プロパティが on に設定されているすべての子オブジェクトを削除し、Figure の NextPlot プロパティを add にリセットします。

コマンド clf の実行と同じように、現在の Figure オブジェクトを消去します。

replace

すべての子オブジェクトを (HandleVisibility プロパティの設定にかかわらず) 削除し、次の例外を除いて、Figure のプロパティを既定の設定にリセットします。

関数 NextPlot は、ユーザー定義の既定の設定にかかわらず、add にリセットされます。

これは、現在の Figure を消去してリセットし、コマンド clf reset を実行することと等価です。

newplot は、どの Figure に描画するかを決めてから、現在の Axes の NextPlot プロパティを読み込み、次のように実行します。

NextPlot

説明

add

既存の座標軸に新しいプロットを追加します。新しいプロットを表示する前に、既存のプロットの削除や、座標軸のプロパティのリセットは行いません。

replacechildren

既存のプロットを削除してから、新しいプロットを表示します。ColorOrderIndex および LineStyleOrderIndex 座標軸プロパティを 1 にリセットしますが、座標軸のその他のプロパティはリセットしません。座標軸に次のプロットを追加すると、座標軸の ColorOrder プロパティと LineStyleOrder プロパティに基づいて最初の色とライン スタイルが使用されます。この値は、個々の新しいプロットの前に cla を使用する場合と似ています。

replace

既存のプロットを削除し、PositionUnits を除くすべての座標軸のプロパティを既定値にリセットしてから新しいプロットを表示します。

replaceall

既存のプロットを削除し、PositionUnits を除くすべての座標軸のプロパティを既定値にリセットしてから新しいプロットを表示します。この値は、個々の新しいプロットの前に cla reset を使用する場合と似ています。

y 軸を 1 本のみもつ座標軸の場合、replacereplaceall の値は等しくなります。y 軸を 2 本もつ座標軸の場合、replace の値はアクティブな側にのみ影響しますが、replaceall の値は両側に影響します。

R2006a より前に導入