ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス出力のターゲットの指定

ターゲットとなる Figure と座標軸およびこれらのオブジェクトの更新方法を制御

関数

hold新しいプロットを追加するときに現在のプロットを保持
ishold現在ホールド状態
newplotグラフィックス オブジェクトの描画位置の決定
clf現在の Figure ウィンドウをクリア
cla座標軸のクリア

トピック

Hold の状態への応答

この例では、hold の状態をテストし、ユーザー定義プロット関数で適切に応答する方法を説明します。

newplot を使用したプロットのコントロール

この例では、ユーザーが記述したプロット関数の Figure および座標軸を準備する方法を説明します。

グラフ表示のコントロール

MATLAB® がプロット関数の結果の表示に使用する Figure および座標軸をコントロールできます。

グラフの Figure および座標軸の準備

MATLAB プロット関数は、新しいグラフを描画する前に、Figure および座標軸の NextPlot プロパティに基づいて Figure および座標軸を追加する、クリアする、あるいはクリアしてからリセットするかどうかを決定します。

Figure および座標軸へのアクセスの禁止

場合によっては、特定の Figure または座標軸がグラフィックス出力のターゲットにならないようにすることが重要になるときがあります。