ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス オブジェクトのプログラミング

比較、有効性のテスト、事前割り当て、オブジェクト配列

関数

gobjectsグラフィックス オブジェクトの配列の初期化
isgraphics有効なグラフィックス オブジェクト ハンドルの場合は True
isempty配列が空かどうかを判別
isequal配列の等価性を判別
isa入力が指定したデータ型であるかどうかを判定
clf現在の Figure ウィンドウをクリア
cla座標軸のクリア
close指定した Figure を削除

トピック

グラフィックス オブジェクト ハンドル

オブジェクトのハンドルを使用して、オブジェクトのプロパティ値の設定とクエリが可能です。

論理式でのハンドル

ハンドル オブジェクトは論理値 true または false として評価されません。対象の状態をテストして論理値を返す関数を使用しなければなりません。

グラフィックス配列

グラフィックス配列には、グラフィックス オブジェクトのハンドルを格納できます。

ハンドルが有効かどうかのテスト

変数が有効なグラフィックス オブジェクト ハンドルであるかどうかを判定するには、isgraphics を使用します。

グラフィックス オブジェクトの配列の事前割り当て

グラフィックス オブジェクトの配列を事前割り当てするには、関数 gobjects を使用します。