最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス オブジェクト ハンドル

ハンドルで可能な処理

ハンドルは、グラフィックス オブジェクトの特定のインスタンスを参照します。オブジェクトのハンドルを使用して、オブジェクトのプロパティ値の設定とクエリが可能です。

グラフィックス オブジェクトを作成すると、オブジェクトのハンドルを変数に保存できます。以下に例を示します。

x = 1:10;
y = x.^2;
plot(x,y);
h = text(5,25,'*(5,25)');

変数 h は、点 5,25 の特定の text オブジェクト '*(5,25)' を参照しています。ハンドル h を使用して、この text オブジェクトのプロパティのクエリと設定を行います。

フォント サイズの設定:

h.FontSize = 12;

フォント サイズの取得:

h.FontSize
ans =

     12

変数 h のコピーを作成します。コピーは同じオブジェクトを参照します。たとえば、以下のステートメントはオブジェクトでなくハンドルのコピーを作成します。

hNew = h;
hNew.FontAngle = 'italic';
h.FontAngle
ans =

italic

ハンドルで不可能な処理

ハンドル変数はオブジェクトです。ハンドルを数値や文字、その他の型に変換するハンドル操作は実行しないでください。たとえば、以下の操作は実行できません。

  • ハンドルに対して算術演算を実行する。

  • ハンドルを論理値に変換せずに、論理ステートメント内で直接使用する。

  • 論理ステートメント内で Figure ハンドルの数値 (整数) を利用する。

  • ハンドルを数値配列内のデータと結合する。

  • ハンドルを文字ベクトルに変換するか、文字ベクトルの操作にハンドルを使用する。

関連するトピック