ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

isa

入力が指定したデータ型であるかどうかを判定

説明

tf = isa(A,dataType) は、AdataType で指定したデータ型である場合に 1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。入力引数 A は任意のデータ型にできます。

A がオブジェクトの場合、dataTypeA のクラスまたは A のスーパークラスであれば、isa1 を返します。

A のデータ型が typeCategory で指定したカテゴリに属する場合、tf = isa(A,typeCategory)1 (true) を返します。それ以外の場合は 0 (false) を返します。

A がオブジェクトの場合、A のクラス、または A の任意のスーパークラスが指定したカテゴリに属していれば、isa1 を返します。

すべて折りたたむ

数値変数を作成し、そのデータ型が double であるかどうかを判別します。

A = 3.1416;
tf = isa(A,'double')
tf = logical
   1

32 ビット整数の配列を作成し、そのデータ型が int32 であるかどうかを判別します。

A = int32([0 2 4 6 8])
A = 1x5 int32 row vector

   0   2   4   6   8

tf = isa(A,'int32')
tf = logical
   1

A のデータ型が char であるかどうかを判別します。

tf = isa(A,'char')
tf = logical
   0

データ型が uint8 である配列を作成します。この配列のデータ型が integer カテゴリに属しているかどうかを判別します。

A = uint8([0 2 4 6 8])
A = 1x5 uint8 row vector

   0   2   4   6   8

tf = isa(A,'integer')
tf = logical
   1

A のデータ型が float カテゴリに属しているかどうかを判別します。

tf = isa(A,'float')
tf = logical
   0

入力引数

すべて折りたたむ

入力配列。

データ型。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。dataType は次のものの名前にすることができます。

  • 任意の基本データ型または MATLAB® クラス

  • Java® または .NET クラス

次の表は、一般的に使用される各種の MATLAB データ型の名前を示しています。

'single'単精度数
'double'倍精度数
'int8'符号付き 8 ビット整数
'int16'符号付き 16 ビット整数
'int32'符号付き 32 ビット整数
'int64'符号付き 64 ビット整数
'uint8'符号なしの 8 ビット整数
'uint16'符号なしの 16 ビット整数
'uint32'符号なしの 32 ビット整数
'uint64'符号なしの 64 ビット整数
'logical'logical 1 (true) または 0 (false)
'char'文字
'string'string 配列
'struct'構造体配列
'cell'cell 配列
'table'テーブル
'function_handle'関数ハンドル

データ型のカテゴリ。'numeric''float' または 'integer' として指定します。これらの値は、次の表に示すように数値型のカテゴリを表します。

'numeric'

整数または浮動小数点数の配列。データ型は次のいずれかになります。

  • double

  • single

  • int8

  • int16

  • int32

  • int64

  • uint8

  • uint16

  • uint32

  • uint64

'float'

単精度または倍精度浮動小数点数の配列。データ型は次のいずれかになります。

  • double

  • single

'integer'

符号付き整数または符号なし整数の配列。データ型は次のいずれかになります。

  • int8

  • int16

  • int32

  • int64

  • uint8

  • uint16

  • uint32

  • uint64

ヒント

  • 入力配列がスパースであるかどうかをテストするには、関数 issparse を使用します。

  • 入力配列に虚数要素または複素数要素があるかどうかをテストするには、~isreal(A) を使用します。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

R2006a より前に導入