最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

グラフィックス オブジェクトの配列の事前割り当て

グラフィックス オブジェクトの配列を事前割り当てするには、関数 gobjects を使用します。配列の各要素にグラフィックス オブジェクトのハンドルを書き込むことができます。

4 行 1 列の配列の事前割り当て:

h = gobjects(4,1);

配列要素への座標軸ハンドルの割り当て:

for k=1:4
   h(k) = subplot(2,2,k);
end

gobjectsGraphicsPlaceholder 配列を返します。このようなプレースホルダー要素は任意のタイプのグラフィックス オブジェクトに置換できます。配列に割り当てられているすべてのグラフィックス オブジェクト間の互換性を確保するには、gobjects を使用してグラフィックス オブジェクトの配列を事前割り当てしなければなりません。