ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

対話制御とコールバック

マウス クリックなどのユーザーアクションに応答するプログラムの作成

関数

uicontextmenuコンテキスト メニューの作成
uimenuメニューまたはメニュー項目の作成
dragrectマウスを使って四角形をドラッグ
rbbox領域を選択するためのラバーバンド ボックスの作成
refresh現在の Figure の再描画
shg最新のグラフ ウィンドウの表示

トピック

コールバック — ユーザー アクションへのプログラムされた応答

"コールバック" は、グラフィックス オブジェクトをクリックしたり Figure ウィンドウを閉じたりなどの、事前定義されたユーザー アクションへの応答として実行される関数です。

コールバック定義

コールバック プロパティを使用するには、コールバック コードをプロパティに代入します。

マウス クリックのキャプチャ

オブジェクトをマウス クリックに応答させるかどうかと、その応答方法を決定する 2 つのプロパティ、PickablePartsHitTest があります。

ボタンダウン コールバック関数

ボタンダウン コールバックは、コールバックが割り当てられているグラフィックス オブジェクトを左クリックすると実行されます。

コンテキスト メニューの定義

この例では、グラフィックス オブジェクト操作の選択肢をユーザーに提供できるコンテキスト メニューの定義方法を説明します。

オブジェクト作成コールバックの定義

この例では、オブジェクト作成コールバックの定義方法を説明します。

オブジェクト削除コールバックの定義

この例では、オブジェクト削除コールバックの定義方法を説明します。

マウス クリックをグループの親オブジェクトに渡す

この例では、オブジェクトのグループがマウス クリックを親オブジェクトに渡す方法を説明します。親オブジェクトはグループ内の全オブジェクトに作用します。

隠れているオブジェクトにマウス クリックを渡す

この例では、隠れているオブジェクトにマウス クリックを渡す方法を説明します。