ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

uimenu

メニューまたはメニュー項目の作成

説明

m = uimenu は現在の Figure にメニューを作成し、Menu オブジェクトを返します。利用可能な Figure がない場合は、MATLAB® が関数 figure を呼び出して Figure を作成します。

m = uimenu(Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用してメニューのプロパティ値を指定します。

m = uimenu(parent) は、指定された親コンテナーにメニューを作成します。親コンテナーには、関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure か、あるいは別の Menu オブジェクトを指定できます。uimenu のプロパティの値は、関数 figure で作成されたアプリと関数 uifigure で作成されたアプリで多少異なります。詳細については、名前と値のペアの引数を参照してください。

m = uimenu(parent,Name,Value) は、親コンテナーと 1 つ以上のプロパティ値を指定します。

すべて折りたたむ

既定のメニュー バーが表示される Figure を作成します。メニューとメニュー項目を追加します。

f = figure('Toolbar','none');
m = uimenu('Text','Options');
mitem = uimenu(m,'Text','Reset');

キーボード ショートカットを含むメニュー項目をメニュー バーに追加し、メニュー項目を選択すると実行されるコールバックを定義します。

まず、importmenu.m というプログラム ファイルを作成します。プログラム ファイル内で次を行います。

  • Figure を作成します。

  • [Import] というメニューを追加します。テキスト ラベルを '&Import' と指定して、メニューのニーモニックのキーボード ショートカットを作成します。

  • メニュー項目を作成し、ニーモニックとアクセラレータのキーボード ショートカットを指定します。

  • ユーザーがメニュー項目をクリックするかニーモニックまたはアクセラレータのキーボード ショートカットを使用したときに実行される MenuSelectedFcn コールバックを定義します。

プログラム ファイルを実行します。

function importmenu
f = uifigure;
m = uimenu(f,'Text','&Import');
 
mitem = uimenu(m,'Text','&Text File');
mitem.Accelerator = 'T';
mitem.MenuSelectedFcn = @MenuSelected;
 
    function MenuSelected(src,event)
        file = uigetfile('*.txt');
    end
 
end

メニューとメニュー項目は次の方法でキーボードを使用して操作できます。

  • Alt+I を押すと、[Import] メニューが選択されます。

  • Alt+I+T を押すと、[Text File] メニュー項目が選択されてコールバックが実行されます。

  • アクセラレータ Ctrl+T を使用すると、[Text File] メニュー項目が選択されてコールバックが実行されます。

[Text File] メニュー項目を選択すると、拡張子のフィールドがテキスト ファイルにフィルター処理された状態で [Select File to Open] ダイアログ ボックスが開きます。

オンとオフを切り替えて座標軸にグリッドを表示するかどうかを選択できるオンの状態のメニュー項目を作成します。コールバックをプッシュ ボタンと共有して、ボタンをクリックしたときにもグリッドの表示と非表示が切り替わるようにします。

まず、plotOptions.m というプログラム ファイルを作成します。プログラム ファイル内で次を行います。

  • プッシュ ボタンとグリッドを表示する座標軸を含む Figure を作成します。

  • ニーモニックを含むメニューとメニュー項目を追加します。メニュー項目をオンにするように指定します。

  • ユーザーがメニュー項目を操作したときにグリッドの表示と非表示を切り替える MenuSelectedFcn コールバックを定義します。

  • メニュー項目と同じコールバック関数を使用する ButtonPushedFcn を定義します。

プログラム ファイルを実行します。

function plotOptions
f = uifigure;
ax = uiaxes(f);
grid(ax);
btn = uibutton(f,'Text','Show Grid');
btn.Position = [155 325 100 20];

m = uimenu(f,'Text','&Plot Options');
mitem = uimenu(m,'Text','Show &Grid','Checked','on');
mitem.MenuSelectedFcn = @ShowGrid;
btn.ButtonPushedFcn = @ShowGrid;

    function ShowGrid(src,event)
        grid(ax);
        if strcmp(mitem.Checked,'on')
            mitem.Checked = 'off';
        else
            mitem.Checked = 'on';
        end
    end
end

入力引数

すべて折りたたむ

親コンテナー。関数 figure または関数 uifigure で作成された Figure オブジェクトか、あるいは別の Menu オブジェクトとして指定します。親コンテナーを指定しない場合、MATLAB は figure を呼び出して Figure を作成し、その Figure のメニュー バーにメニューを配置します。親を既存の Menu オブジェクトとして指定して、メニュー項目をメニューに追加するか、またはメニュー項目を入れ子にします。

GUIDE のコンテキスト メニューまたは関数 figure で作成された Figure のコンテキスト メニューにメニュー項目を追加するには、親を ContextMenu オブジェクトとして指定します。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: m = uimenu('Text','Open') は、メニューを作成してラベルを 'Open' に設定します。

  • App Designer で使用できるプロパティのリストと、関数 uifigure によるアプリの作成については、App Designer の Menu のプロパティ を参照してください。

  • GUIDE で使用できるプロパティのリストと、関数 figure によるアプリの作成については、GUIDE の Menu のプロパティ を参照してください。

R2006a より前に導入