Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

figure ベースのアプリ

関数 figure を使用してプログラムで作成されたアプリ、または GUIDE からエクスポートされたアプリを開発する

関数 figure を使用してアプリを作成する場合、または GUIDE アプリを MATLAB® ファイルにエクスポートする場合は、それらのアプリを引き続き開発、実行、および編集できますが、UI Figure で使用可能な新しい機能や UI コンポーネントは利用できません。その他のアプリ作成方法の詳細については、アプリの作成方法を参照してください。

はじめに、簡単な figure ベースのアプリの作成と実行を参照してください。

関数

すべて展開する

axes直交座標軸の作成
uicontrolユーザー インターフェイス コントロールの作成
uitable テーブルのユーザー インターフェイス コンポーネントの作成
uipanelパネル コンテナーの作成
uibuttongroupラジオ ボタンとトグル ボタンを管理するボタン グループの作成
uitabタブ付きパネルの作成
uitabgroupタブ付きパネルのコンテナーの作成
uimenuメニューまたはメニュー項目の作成
uicontextmenuコンテキスト メニュー コンポーネントの作成
uitoolbarFigure にツール バーを作成
uipushtoolツール バーにプッシュ ツールを作成
uitoggletoolツール バーのトグル ツール
alignUI コンポーネントとグラフィックス オブジェクトを揃える
movegui画面上の指定位置に Figure を移動
getpixelpositionピクセルで成分位置の取得
setpixelpositionコンポーネントの位置をピクセル単位で設定
listfonts利用できるシステム フォントを表示
textwrapユーザー インターフェイス コントロールのテキストの折り返し
uistackUI コンポーネントの視覚的スタックの並べ替え

アラート

errordlgエラー ダイアログ ボックスの作成
warndlg警告ダイアログ ボックスの作成
msgboxメッセージ ダイアログ ボックスを作成
helpdlgヘルプ ダイアログ ボックスの作成
waitbarウェイト バー ダイアログ ボックスの作成と更新

確認と入力

questdlg質問ダイアログ ボックスの作成
inputdlgユーザー入力を収集するダイアログ ボックスの作成
listdlgリスト選択ダイアログ ボックスの作成
uisetcolorカラー ピッカーを開く
uisetfontフォント選択ダイアログ ボックスを開く
export2wsdlg変数をワークスペースにエクスポートするためのダイアログ ボックスの作成

ファイル システム

uigetfileファイル選択ダイアログ ボックスを開く
uiputfileファイル保存のためのダイアログ ボックスを開く
uigetdirフォルダー選択ダイアログ ボックスを開く
uiopenファイル選択ダイアログ ボックスを開き、選択されたファイルをワークスペースに読み込む
uisaveMAT ファイルに変数を保存するためのダイアログ ボックスを開く

印刷とエクスポート

printdlgFigure の [印刷] ダイアログ ボックスを開く
printpreviewFigure の [印刷プレビュー] ダイアログ ボックスを開く
exportsetupdlgFigure の [エクスポート設定] ダイアログ ボックスを開く

その他

dialog空のモーダル ダイアログ ボックスを作成
uigetpref ユーザー基本設定に応じて開くダイアログ ボックスの作成
uiwaitプログラム実行を停止し、再開を待つ
uiresume停止されたプログラムの実行を再開する
waitfor実行をブロックして条件を待機
waitforbuttonpressクリックまたはキータッチを待機
closereq既定の Figure を閉じる要求関数
getappdataアプリケーション定義データの取得
setappdataアプリケーション定義データの保存
isappdataアプリケーション定義のデータが存在する場合 True
rmappdataアプリケーション定義データを削除
guidataUI データの格納または取得
guihandlesFigure のすべての子オブジェクトを含む構造体の作成
uisetpref関数 uigetpref で使用された基本設定の管理

プロパティ

すべて展開する

Axes のプロパティ 座標軸の外観と動作
UIControl のプロパティユーザー インターフェイス コントロールの外観と動作の制御
Table のプロパティテーブル UI コンポーネントの外観と動作の制御
Panel のプロパティパネルの外観と動作の制御
ButtonGroup のプロパティボタン グループの外観と動作の制御
Tab のプロパティタブの外観と動作の制御
TabGroup のプロパティタブ グループの外観と動作の制御
Menu のプロパティコントロール メニューの外観と動作
ContextMenu のプロパティコンテキスト メニューの外観と動作の制御
Toolbar のプロパティツール バーの外観と動作の制御
PushTool のプロパティプッシュ ツールの外観と動作の制御
ToggleTool のプロパティトグル ツールの外観と動作の制御

トピック

プログラムによる UI のレイアウト

プログラムでコンポーネントのサイズ、位置、前後の順序を設定します。

プログラムによって作成されたアプリのコールバックの記述

プログラムにより作成するアプリの動作を制御するコールバックを記述する。

コールバック間のデータ共有

さまざまな手法を使用してアプリのデータの管理および共有を行う。

コールバック実行の中断

コールバックが他のコールバックによって中断可能かどうかを制御する方法を学習する。

MATLAB での DPI 対応の動作

高解像度システムでのグラフィカル要素の外観を改善する DPI 対応の動作について学習します。

アプリの作成方法

プロジェクトの要件および望ましいワークフローに最適なアプリ作成のアプローチを選択します。