ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリの作成方法

MATLAB® アプリの作成にはさまざまな方法があります。

これらの各アプローチでは、ワークフローが異なり、機能セットもわずかに異なっています。最適な選択肢は、プロジェクトの要件とどのように作業するかによって異なります。

App Designer の使用

App Designer は、R2016a で導入された機能豊富なドラッグ アンド ドロップ環境であり、アプリの作成に推奨される環境です。完全に統合されたバージョンの MATLAB エディターが含まれています。レイアウト ビューとコード ビューは、一方のビューに加えた変更が即時にもう一方に反映されるように、緊密に連携しています。ゲージ、ランプ、ノブ、スイッチを含む、多数の一連の対話型制御が使用できます。ほとんどのグラフィックス機能がサポートされています。

GUIDE の使用

GUIDE は、ユーザー インターフェイス (UI) をレイアウトするためのドラッグ アンド ドロップ環境です。アプリの対話型動作は、別途 MATLAB エディターでコーディングします。GUIDE で作成されたアプリは、他のほぼすべてのリリースと互換性があり、MATLAB のすべてのグラフィックス機能をサポートします。

MATLAB 関数を使用したプログラムによるアプリの作成

MATLAB 関数を使用して、アプリ全体のレイアウトと動作をコーディングすることもできます。このアプローチでは、従来の Figure を作成し、プログラムによって、その Figure の中に対話型コンポーネントを配置します。これらのアプリは、GUIDE がサポートするものと同じタイプのグラフィックスと対話型コンポーネント、およびタブ付きパネルをサポートしています。


関連するトピック