最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

GUIDE アプリの移行

GUIDE で作成されたアプリを App Designer に移行するか、GUIDE アプリを MATLAB® ファイルにエクスポートする

メモ

GUIDE 環境は将来のリリースで削除される予定です。既存の GUIDE アプリは、GUIDE が削除された後も引き続き MATLAB で動作しますが、GUIDE での編集はできません。

既存の GUIDE アプリを引き続き編集するには、将来の MATLAB リリースとの互換性維持に役立つ方法について、GUIDE の移行策を参照してください。新しいアプリを対話的に作成する場合は、代わりにApp Designer を使用したアプリ開発を参照してください。

新しいアプリを対話型環境で作成する場合は、App Designer を使用します。GUIDE 設計環境は、アプリ作成用の最初のドラッグ アンド ドロップ環境であり、将来のリリースで削除される予定です。App Designer は GUIDE の代替です。以前に GUIDE で作成したアプリがある場合、そのアプリは引き続き動作しますが GUIDE で編集することはできません。GUIDE アプリのレイアウトを編集する場合は、アプリを App Designer に移行するか、MATLAB プログラム ファイルにエクスポートします。詳細については、GUIDE の移行策を参照してください。

関数

guide(削除予定) GUIDE での UI ファイルの作成または編集

トピック

GUIDE アプリの移行

GUIDE の移行策

GUIDE アプリ (GUI) を App Designer に移行するか、MATLAB ファイルにエクスポートする。

移行前の既存の GUIDE アプリの維持

アプリの作成方法

プロジェクトの要件および望ましいワークフローに最適なアプリ作成のアプローチを選択します。

GUIDE でのコールバックの作成

GUIDE で作成したアプリの動作を制御するコールバックを作成する。

特定のコンポーネントに対するコールバック

コールバックを使用して、さまざまなコンポーネントに固有の機能をプログラミングする。

GUIDE での UI ウィンドウ サイズの設定

UI ウィンドウ サイズの設定、コンポーネントのサイズ変更動作の制御、および GUIDE レイアウト エリアの表示制御を行う。

GUIDE レイアウト エリアへのコンポーネントの追加

コンポーネントの追加、移動、コピー、貼り付け、複製およびサイズ変更を行う。Tag プロパティを使用して識別子をコンポーネントに追加する。

GUIDE アプリのメニューの作成

GUIDE を使用して、コンテキスト メニューとメニュー バーのメニューを作成する。

GUIDE を使用した簡単なアプリの作成

GUIDE を使用して簡単なアプリを作成するプロセスの手順を説明する。

GUIDE の対話型リスト ボックスのアプリ

ユーザーが操作できるリスト ボックスを表示する GUIDE アプリを確認する。

GUIDE アプリでのプロットの自動更新

timer オブジェクトを使用してプロット データを継続的に更新する GUIDE アプリを確認する。

プロットの表示用パラメーターを使用する GUIDE アプリ

入力データを解析し、周波数と時間領域プロットを生成する GUIDE アプリを確認する。

GUIDE テンプレート

GUIDE で提供されているテンプレートを変更して、独自の UI を作成する。

GUIDE 基本設定

GUIDE で作成するすべての UI に影響する、GUIDE の基本設定を指定する。

GUIDE オプション

特定の UI の GUIDE オプションを選択する。

GUIDE により生成されるファイル

GUIDE アプリのファイル、コードの構造、およびコールバック テンプレートを追加する方法について学習する。