Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

アプリのパッケージ化と共有

アプリを MATLAB® ユーザーと直接共有するか、スタンドアロン アプリとしてパッケージ化して共有する

アプリケーションとは、一般的な技術計算のタスクを解決するために作成された対話型のアプリケーションです。独自のアプリを作成して共有すると、一部の MATLAB 製品に付属しているアプリと同様に、他のユーザーがインストール可能になります。詳細は、アプリの入手と作成を参照してください。

以下の関数を使用して、アプリのテストやデバッグなどのタスクを自動化することを検討してください。

関数

matlab.apputil.create[アプリのパッケージ化] ダイアログ ボックスを使用してアプリ プロジェクト ファイルを対話的に作成または変更します。
matlab.apputil.package.mlappinstall ファイルへのアプリ ファイルのパッケージ化
matlab.apputil.install.mlappinstall ファイルからのアプリのインストール
matlab.apputil.runプログラムによるアプリの実行
matlab.apputil.getInstalledAppInfoインストールされたアプリ情報のリスト化
matlab.apputil.uninstallアプリをアンインストールする

トピック

アプリの入手と作成

インストールした製品に付属のアプリを探すか、独自のアプリを作成するか、MATLAB File Exchange からアプリをアドオンとして入手する。

アプリを共有する方法

パッケージ化したアプリを他のユーザーと共有する。

MATLAB ツールストリップからのアプリのパッケージ化

他のユーザーと簡単に共有するために、アプリをアプリ インストール ファイルにパッケージ化する。

App Designer でのアプリのパッケージ化

App Designer 開発環境内からアプリをパッケージ化する。

アプリのパッケージ化における依存関係の解析

アプリをパッケージ化するときに MATLAB が検索するファイルの依存関係について学習する。

アプリの変更

パッケージ化されたアプリを変更する。

MATLAB アプリ インストーラー ファイル — mlappinstall

MATLAB アプリを共有するために作成した MATLAB アプリ インストーラー ファイル .mlappinstall を検索してインストールする。