Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

UI コンポーネント クラスの開発

独自のカスタム UI コンポーネント オブジェクトのクラスを作成

ComponentContainer 基底クラスのサブクラスを作成することにより、独自の UI コンポーネント クラスを定義します。特殊な UI と可視化を作成するためにスクリプトまたは関数を作成し、それらを他のユーザーと共有する場合は、クラスの実装を作成することを検討してください。クラスを作成することで、ユーザーに便利なインターフェイスを提供できるようになります。UI コンポーネントの諸特性をカスタマイズする際に、ユーザーはコードを変更して再実行するのではなく、プロパティを設定することができます。プロパティの独自のカスタム セットを設計して、ユーザーがどのプロパティにアクセスできるかを制御します。ユーザーはコマンド ラインでプロパティを変更したり、プロパティ インスペクターでプロパティを確認できます。

クラス

matlab.ui.componentcontainer.ComponentContainer UI コンポーネント オブジェクトの開発の基底クラス

メソッド

setupコンポーネント コンテナー サブクラスのインスタンスの設定
updateプロパティの設定後に UI コンポーネント コンテナー サブクラスのインスタンスを更新

トピック

UI コンポーネント作成の概要

UI コンポーネント オブジェクトのクラスを作成するための基本手順を学ぶ。