Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

プログラミングによるアプリ開発

MATLAB® 関数を使用してアプリをプログラムで開発する

MATLAB 関数を使用し、アプリのレイアウトと動作をコーディングして、プログラムでアプリを設計および編集します。コードの構造をより詳細に制御する場合は、この方法を使用します。

関数 uifigure は、アプリの作成用に特別に構成され、ユーザー インターフェイスのコンテナーとして機能する Figure を作成します。UI Figure では、App Designer でサポートされるものと同じタイプの最新のグラフィックスと対話型 UI コンポーネントがサポートされます。これらの機能をプログラムで利用するには、関数 uifigure を使用してアプリを作成します。

関数 figure を使用してアプリを作成する場合、または GUIDE アプリを MATLAB ファイルにエクスポートする場合は、それらのアプリを引き続き開発、実行、および編集できますが、UI Figure で使用可能な新しい機能や UI コンポーネントは利用できません。

  • uifigure ベースのアプリ
    アプリの作成用に設計された UI Figure を使用し、アプリをプログラムで開発する (関数 uifigure)
  • figure ベースのアプリ
    関数 figure を使用してプログラムで作成されたアプリ、または GUIDE からエクスポートされたアプリを開発する