ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

PolarAxes のプロパティ

極座標軸の外観と動作

PolarAxes プロパティは、PolarAxes オブジェクトの外観と動作を制御します。プロパティの値を変更することによって、極座標軸の一部の特性を変更できます。座標軸のプロパティは、一部のグラフィックス関数によってリセットされるため、プロット後に設定します。

一部のグラフィックス関数はプロット時に極座標軸を作成します。gca を使用して、新しく作成された座標軸にアクセスします。空の極座標軸を作成するには、関数 polaraxes を使用します。

polarplot([0 pi/2 pi],[1 2 3])
ax = gca;
d = ax.ThetaDir;
ax.ThetaDir = 'clockwise';

フォント

すべて展開する

フォント名。サポートされているフォント名または 'FixedWidth' として指定します。テキストを正しく表示し印刷するには、システムでサポートされているフォントを選択しなければなりません。既定のフォントは、オペレーティング システムとロケールによって異なります。

どのロケールでもテキストが整って見える固定幅のフォントを使用するには、'FixedWidth' を使用します。固定幅フォントは、ルートの FixedWidthFontName プロパティによって決まります。ルートの FixedWidthFontName プロパティを設定すると、表示内容が新しいフォントを使用して直ちに更新されます。

フォント サイズ。スカラー数値として指定します。フォント サイズは、タイトルと目盛りラベルに影響します。また、座標軸に関連付けられているすべての凡例やカラー バーにも影響します。既定のフォント サイズは、特定のオペレーティング システムとロケールによって異なります。既定では、フォント サイズはポイント単位で測定されます。単位を変更するには、FontUnits プロパティを設定します。

MATLAB® は、一部のテキストを座標軸のフォント サイズの所定の割合に自動的にスケーリングします。

  • タイトル — 既定では座標軸のフォント サイズの 110% です。スケーリングを制御するには、TitleFontSizeMultiplier プロパティと LabelFontSizeMultiplier プロパティを使用します。

  • 凡例とカラー バー — 既定では座標軸のフォント サイズの 90% です。別のフォント サイズを指定するには、Legend オブジェクトまたは Colorbar オブジェクトの FontSize プロパティを代わりに設定します。

例: ax.FontSize = 12

フォント サイズの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — フォント サイズは MATLAB により指定されます。座標軸を既定より小さいサイズに変更すると、可読性とレイアウトの向上のためフォント サイズが小さくなる場合があります。

  • 'manual' — フォント サイズを手動で指定します。座標軸のサイズが変化してもフォント サイズはスケーリングされません。フォント サイズを指定するには、FontSize プロパティを設定します。

文字の太さ。'normal' または 'bold' として指定します。

MATLAB ではフォントは、FontWeight プロパティを使用して、ユーザーのシステムで使用可能なフォントから選択します。すべてのフォントに太字があるとは限りません。そのため、太字フォントを指定しても標準フォントの太さと変わらない場合があります。

文字の傾斜。'normal' または 'italic' として指定します。

すべてのフォントに両方のフォント スタイルがあるとは限りません。そのため、イタリック フォントを指定しても標準フォントと変わらない場合があります。

タイトルのフォント サイズのスケール係数。0 より大きい数値として指定します。このスケール係数は、タイトルのフォント サイズを定義する FontSize プロパティの値に適用されます。

例: ax.TitleFontSizeMultiplier = 1.75

タイトル文字の太さ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'bold' — 標準よりも太い文字

  • 'normal' — 各フォントで定義されている既定の太さ

例: ax.TitleFontWeight = 'normal'

フォント サイズの単位。次の値のいずれかとして指定します。

Units説明
'points'ポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'normalized' フォント サイズを座標軸の高さに対する割合として解釈します。座標軸のサイズを変更すると、それに合わせてフォント サイズが変更されます。たとえば、FontSize が正規化された単位の 0.1 である場合、テキストは座標軸の Position プロパティに格納された高さの値の 1/10 になります。
'pixels'

ピクセル。

R2015b 以降、Windows® および Macintosh システムにおいて、ピクセル単位の距離はシステム解像度に依存しません。

  • Windows システムの 1 ピクセルは 1/96 インチです。

  • Macintosh システムの 1 ピクセルは 1/72 インチです。

  • Linux® システムでは、ピクセルのサイズは使用しているシステムの解像度によって決まります。

1 回の関数呼び出しでフォント サイズとフォントの単位の両方を設定する場合は、指定したフォント サイズを Axes オブジェクトが正しく解釈するように、最初に FontUnits プロパティを設定しなければなりません。

文字の平滑化。'on' または 'off' として指定します。

説明結果
'on'

アンチエイリアス処理を使用して画面上のテキストの表示を滑らかにします。

例: ax.FontSmoothing = 'on'

'off'

アンチエイリアス処理を使用しません。この設定はテキストがぼやけて見えるときに使用します。

例: ax.FontSmoothing = 'off'

目盛り

すべて展開する

半径の目盛り値。増加する値からなるベクトルとして指定します。半径の目盛り値は、円周ラインが現れる r 軸方向の位置です。半径の目盛りラベルは、各ラインの横に表示されるラベルです。RTickLabels プロパティを使用して、関連付けるラベルを指定します。

例: ax.RTick = [0 2 4 6];

あるいは、関数 rticks を使用して目盛り値を指定します。

半径の目盛り値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 軸のデータの範囲に基づいて目盛り値を自動的に選択します。

  • 'manual' — 目盛り値を手動で指定します。値を指定するには、RTick プロパティを設定します。

例: ax.RTickMode = 'auto'

半径の目盛りラベル。文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。目盛りラベルを表示しない場合は、空の cell 配列 {} を指定します。指定したラベルの個数が目盛り値の個数より少ない場合、ラベルが繰り返されます。

目盛りラベルでは TeX マークアップおよび LaTeX マークアップがサポートされます。詳細については、TickLabelInterpreter プロパティを参照してください。

例: ax.RTickLabel = {'one','two','three','four'};

あるいは、関数 rticklabels を使用します。

RTickLabel プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 目盛りラベルを自動的に選択します。

  • 'manual' — 目盛りラベルを手動で指定します。ラベルを指定するには、RTickLabel プロパティを設定します。

原点から伸びるラインを表示する角度。昇順の値からなるベクトルとして指定します。ThetaTickLabel プロパティを使用して異なるラベルを指定しない限り、MATLAB は適切な角度値でラインにラベルを付けます。

MATLAB は ThetaAxisUnits プロパティで指定された単位で値を解釈します。

例: ax.ThetaTick = [0 90 180 270];

あるいは、関数 thetaticks を使用して値を指定します。

ThetaTick プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロパティ値を自動で選択します。

  • 'manual' — 指定したプロパティ値を使用します。値を指定するには、ThetaTick プロパティを設定します。

角度ラインのラベル。文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。

すべてのラインに対して十分な数のラベルを指定しない場合、ラベルが繰り返されます。ラベルでは TeX および LaTeX マークアップがサポートされます。詳細については、TickLabelInterpreter プロパティを参照してください。

例: ax.ThetaTickLabel = {'right','top','left','bottom'};

あるいは、関数 thetaticklabels を使用して値を指定します。

ThetaTickLabel プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロパティ値を自動で選択します。

  • 'manual' — 指定したプロパティ値を使用します。値を指定するには、ThetaTickLabel プロパティを設定します。

r 軸の目盛りラベルの回転。度単位のスカラー値として指定します。正の値を指定すると反時計回りになります。負の値を指定すると時計回りになります。

例: ax.RTickLabelRotation = 45;

あるいは、関数 rtickangle を使用します。

r 軸の小目盛り。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — 小目盛りを表示しません。

  • 'on' — 小目盛りを表示します。大目盛りとグリッド ラインの間隔に応じて小目盛りの数が決まります。目盛りの長さが正であり (TickLength プロパティで制御)、かつ極座標軸が完全な円である (ThetaLim プロパティで制御) 場合にのみ、このプロパティ値には視覚効果があります。

例: ax.RMinorTick = 'on';

角度ライン間の小目盛り。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'off' — 小目盛りを表示しません。

  • 'on' — 小目盛りを表示します。ラインの間隔に応じて小目盛りの数が決まります。このプロパティ値は、目盛りの長さが正の場合にのみ視覚効果があります。目盛りの長さを設定するには TickLength プロパティを使用します (例: ax.TickLength = [0.02 0])。

ゼロ基準軸の位置。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'right'

'top'

'left'

'bottom'

例: ax.ThetaZeroLocation = 'left';

目盛りの方向。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'in' — 座標軸の外枠から内側に目盛りを付けます。

  • 'out' — 座標軸の外枠の外側に目盛りを付けます。

  • 'both' — 座標軸の外枠に目盛りの中心を合わせます。

例: ax.TickDir = 'out';

TickDir プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 現在の表示に基づいて、目盛りの方向を自動的に選択します。

  • 'manual' — 目盛りの方向を手動で指定します。目盛りの方向を指定するには、TickDir プロパティを設定します。

例: ax.TickDirMode = 'auto'

目盛りラベルの文字の解釈。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'tex' — TeX マークアップのサブセットを使用して文字を解釈します。

  • 'latex' — LaTeX マークアップのサブセットを使用して文字を解釈します。目盛りラベルを指定するときには、cell 配列の各要素をドル記号で囲みます。

  • 'none' — リテラル文字を表示します。

TeX マークアップ

MATLAB では、既定で TeX マークアップのサブセットをサポートしています。TeX マークアップを使用して、上付き文字や下付き文字を追加する、スタイルや色を変更する、ラベルに特殊文字を含めることができます。

次の表に、TickLabelInterpreter プロパティを 'tex' (既定値) に設定した場合のサポートされる修飾子を示します。修飾子の効果はテキストの末尾まで適用されます。ただし、上付き文字と下付き文字は例外で、次の 1 文字または中かっこ {} で囲まれたテキストにのみ適用されます。

修飾子説明
^{ }上付き文字'text^{superscript}'
_{ }下付き文字'text_{subscript}'
\bf太字フォント'\bf text'
\itイタリック フォント'\it text'
\sl斜体フォント (ほとんど使用しません)'\sl text'
\rm標準フォント'\rm text'
\fontname{specifier}specifier でフォント ファミリの名前を指定してフォント スタイルを変更します。これは他の修飾子と組み合わせて使用できます。'\fontname{Courier} text'
\fontsize{specifier}specifier でスカラー数値を指定してフォント サイズを変更します。'\fontsize{15} text'
\color{specifier}specifer で色を指定します。redgreenyellowmagentablueblackwhitegraydarkGreenorangelightBlue を指定できます。'\color{magenta} text'
\color[rgb]{specifier}specifier で RGB 3 成分を指定してフォントの色を変更します。'\color[rgb]{0,0.5,0.5} text'

次の表に、Interpreter プロパティが 'tex' に設定されている場合にサポートされる特殊文字を示します。

文字列記号文字列記号文字列記号

\alpha

α

\upsilon

υ

\sim

~

\angle

\phi

\leq

\ast

*

\chi

χ

\infty

\beta

β

\psi

ψ

\clubsuit

\gamma

γ

\omega

ω

\diamondsuit

\delta

δ

\Gamma

Γ

\heartsuit

\epsilon

ϵ

\Delta

Δ

\spadesuit

\zeta

ζ

\Theta

Θ

\leftrightarrow

\eta

η

\Lambda

Λ

\leftarrow

\theta

θ

\Xi

Ξ

\Leftarrow

\vartheta

ϑ

\Pi

Π

\uparrow

\iota

ι

\Sigma

Σ

\rightarrow

\kappa

κ

\Upsilon

ϒ

\Rightarrow

\lambda

λ

\Phi

Φ

\downarrow

\mu

µ

\Psi

Ψ

\circ

º

\nu

ν

\Omega

Ω

\pm

±

\xi

ξ

\forall

\geq

\pi

π

\exists

\propto

\rho

ρ

\ni

\partial

\sigma

σ

\cong

\bullet

\varsigma

ς

\approx

\div

÷

\tau

τ

\Re

\neq

\equiv

\oplus

\aleph

\Im

\cup

\wp

\otimes

\subseteq

\oslash

\cap

\in

\supseteq

\supset

\lceil

\subset

\int

\cdot

·

\o

ο

\rfloor

\neg

¬

\nabla

\lfloor

\times

x

\ldots

...

\perp

\surd

\prime

´

\wedge

\varpi

ϖ

\0

\rceil

\rangle

\mid

|

\vee

\langle

\copyright

©

LaTeX マークアップ

LaTeX マークアップを使用するには、TickLabelInterpreter プロパティを 'latex' に設定します。目盛りラベルを指定するときには、cell 配列の各要素をドル記号で囲みます。たとえば、次のようにします。

ax = polaraxes;
ax.ThetaTickLabels = {'$\sum_1^n$','$\int_1^n$','$\frac{1}{2}$'};
ax.TickLabelInterpreter = 'latex';

ラベルは LaTeX の既定のフォント スタイルで表示されます。FontNameFontWeightFontAngle のプロパティは無視されます。フォント スタイルを変更するには、LaTeX マークアップを使用します。LaTeX インタープリターで使用できるラベルの最大サイズは 1200 文字です。複数行のラベルの場合、さらに 1 行につき 10 文字ほど文字数が少なくなります。

LaTeX システムの詳細については、LaTeX プロジェクトの Web サイト (https://www.latex-project.org/) を参照してください。

目盛りの長さ。2 要素ベクトルとして指定します。1 番目の要素は目盛りの長さを決定します。2 番目の要素は無視されます。

例: ax.TickLength = [0.02 0];

ルーラー

すべて展開する

半径の範囲の下限と上限。[rmin rmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、rmaxrmin より大きい数値です。両方の限界値を指定することも、一方の限界値を指定して座標軸にもう一方を自動計算させることもできます。

  • 下限値を最小データ値に自動設定するには、最初の要素に -inf を指定します (例: [-inf 0])。

  • 上限値を最大データ値に自動設定するには、2 番目の要素に inf を指定します (例: [0 inf])。

または、関数 rlim を使用して範囲を設定します。

例: ax.RLim = [0 6];

RLim プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロパティ値を自動で設定します。

  • 'manual' — 指定したプロパティ値を使用します。値を指定するには、RLim プロパティを設定します。

角度の最小値と最大値。[thmin thmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。2 つの値の差が 360 度より小さい場合、theta 軸は部分的な円になります。

MATLAB は ThetaAxisUnits プロパティで指定された単位で値を解釈します。

例: ax.ThetaLim = [0 180];

ThetaLim プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロパティ値を自動で選択します。

  • 'manual' — 指定したプロパティ値を使用します。値を指定するには、ThetaLim プロパティを設定します。

r 軸の外観と動作を制御する要素。ルーラー オブジェクトとして返されます。MATLAB が極座標軸を作成するときに、r 軸のルーラーが自動で作成されます。この軸の外観と動作を変更するには、対応するルーラーにアクセスし、ルーラーのプロパティを設定します。オプションのリストについては、NumericRuler のプロパティ を参照してください。

たとえば、r 軸の色を赤に変更します。

ax = polaraxes;
ax.RAxis.Color = 'r';

ruler オブジェクトにアクセスしてルーラーのプロパティを設定するには、RAxis プロパティを使用します。極座標軸のプロパティを設定する場合は、PolarAxes オブジェクトに直接設定します。

theta 軸の外観と動作を制御する要素。ルーラー オブジェクトとして返されます。MATLAB が極座標軸を作成するときに、theta 軸の数値ルーラーが自動で作成されます。この軸の外観と動作を変更するには、対応するルーラーにアクセスし、ルーラーのプロパティを設定します。オプションのリストについては、NumericRuler のプロパティ を参照してください。

たとえば、theta 軸の色を赤に変更します。

ax = polaraxes;
ax.ThetaAxis.Color = 'r';

ruler オブジェクトにアクセスしてルーラーのプロパティを設定するには、ThetaAxis プロパティを使用します。極座標軸のプロパティを設定する場合は、PolarAxes オブジェクトに直接設定します。

r 軸の位置。スカラー角度値として指定します。MATLAB は値を ThetaAxisUnits プロパティで指定された単位で解釈します。

例: ax.RAxisLocation = 90;

RAxisLocation プロパティ値の選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — プロパティ値を自動で選択します。

  • 'manual' — 指定したプロパティ値を使用します。値を指定するには、RAxisLocation プロパティを設定します。

r 軸のグリッド ライン、目盛りおよび目盛りラベルの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。

メモ

GridColor プロパティを指定した場合、グリッド ラインには代わりに GridColor プロパティの色が使用されます。詳細については、GridColorMode を参照してください。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

たとえば、ax.RColor = 'r' は色を赤に変更します。

r 軸のグリッド色を設定するためのプロパティ。'auto' または 'manual' として指定します。このモード値は r 軸のグリッド色にのみ影響します。r 軸の目盛りラベルはモードにかかわらず常に RColor 値を使用します。

r 軸のグリッドの色は、以下に示すように、RColorMode プロパティと GridColorMode プロパティの両方によって決まります。

RColorModeGridColorModer 軸のグリッドの色
'auto''auto'GridColor プロパティ
'manual'GridColor プロパティ
'manual''auto'RColor プロパティ
'manual'GridColor プロパティ

r 軸のマイナー グリッドの色は、以下に示すように、RColorMode プロパティと MinorGridColorMode プロパティの両方によって決まります。

RColorModeMinorGridColorModer 軸のマイナー グリッドの色
'auto''auto'MinorGridColor プロパティ
'manual'MinorGridColor プロパティ
'manual''auto'RColor プロパティ
'manual'MinorGridColor プロパティ

theta 軸のグリッド ライン、目盛りおよび目盛りラベルの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のいずれかとして指定します。

メモ

GridColor プロパティを指定した場合、グリッド ラインには代わりに GridColor プロパティの色が使用されます。詳細については、GridColorMode を参照してください。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

たとえば、ax.ThetaColor = 'r' は色を赤に変更します。

theta 軸のグリッドの色を設定するためのプロパティ。'auto' または 'manual' として指定します。このモード値は theta 軸のグリッド色にのみ影響します。theta 軸のライン、目盛り、ラベルには、モードにかかわらず常に ThetaColor 値が使用されます。

theta 軸のグリッドの色は、以下に示すように、ThetaColorMode プロパティと GridColorMode プロパティの両方によって決まります。

ThetaColorModeGridColorModetheta 軸のグリッドの色
'auto''auto'GridColor プロパティ
'manual'GridColor プロパティ
'manual''auto'ThetaColor プロパティ
'manual'GridColor プロパティ

theta 軸のマイナー グリッドの色は、以下に示すように、ThetaColorMode プロパティと MinorGridColorMode プロパティの両方によって決まります。

ThetaColorModeMinorGridColorModetheta 軸のマイナー グリッドの色
'auto''auto'MinorGridColor プロパティ
'manual'MinorGridColor プロパティ
'manual''auto'ThetaColor プロパティ
'manual'MinorGridColor プロパティ

r 軸の値が増加する方向。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'normal' — グラフの中心から外に向けて値が増加します。原点の半径は、RLim プロパティに格納された最小値 (通常は 0) に対応します。

  • 'reverse' — グラフの中心から外に向けて値が減少します。原点の半径は RLim プロパティに格納された最大値に対応します。

例: ax.RDir = 'reverse';

角度の増加方向。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'counterclockwise'

角度は反時計回りの方向に増加します。

'clockwise'

角度は時計回りの方向に増加します。

例: ax.ThetaDir = 'clockwise';

角度値の単位。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'degrees' — 角度に度単位でラベルを付け、ThetaLimThetaTick および RAxisLocation の各プロパティの値を度単位で解釈します。単位をラジアンから度数に切り替えると、MATLAB はこれら 3 つのプロパティのラジアン単位の値を等価の度数単位の値に変換します。

  • 'radians' — 角度にラジアン単位でラベルを付け、ThetaLimThetaTick および RAxisLocation の各プロパティの値をラジアン単位で解釈します。単位を度数からラジアンに切り替えると、MATLAB はこれら 3 つのプロパティの度数単位の値を等価のラジアン単位の値に変換します。

例: ax.ThetaAxisUnits = 'radians';

グリッド ライン

すべて展開する

r 軸グリッド ラインの表示。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'on'

ラインを表示します。

'off'

ラインを表示しません。

例: ax.RGrid = 'off';

theta 軸グリッド ラインの表示。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'on'

ラインを表示します。

'off'

ラインを表示しません。

例: ax.ThetaGrid = 'off';

グリッド ラインと目盛りのグラフィックス オブジェクトに対する相対的な位置。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'bottom' — 目盛りとグリッド ラインをグラフィックス オブジェクトの下に表示します。

  • 'top' — 目盛りとグリッド ラインをグラフィックス オブジェクトの上に表示します。

このプロパティは 2 次元表示にのみ影響します。

例: ax.Layer = 'top'

グリッド ラインに使用するライン スタイル。次の表のライン スタイルのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

グリッド ラインを表示するには、grid on コマンドを使用するか、ThetaGrid または RGrid の各プロパティを 'on' に設定します。

例: ax.GridLineStyle = '--';

グリッド ラインの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。グリッドの実際の色は GridColorModeThetaColorMode および RColorMode の各プロパティの値に依存します。詳細については、GridColorMode を参照してください。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: ax.GridColor = [0 0 1]

例: ax.GridColor = 'b'

例: ax.GridColor = 'blue'

グリッド色を設定するためのプロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto'RColorMode プロパティと ThetaColorMode プロパティの値を確認して、r 方向と theta 方向のグリッド ラインの色を決定します。

  • 'manual'GridColor を使用して、すべての方向のグリッド ラインの色を設定します。

グリッド ラインの透明度。[0,1] の範囲の値として指定します。値 1 は不透明で、値 0 は完全に透明です。

例: ax.GridAlpha = 0.5

GridAlpha プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の透明度の値 (0.15)。

  • 'manual' — 透明度の値を手動で指定します。値を指定するには、GridAlpha プロパティを設定します。

例: ax.GridAlphaMode = 'auto'

r 軸マイナー グリッド ラインの表示。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'on'

ラインを表示します。

'off'

ラインを表示しません。

例: ax.RMinorGrid = 'on';

theta 軸マイナー グリッド ラインの表示。次の表の値のいずれかとして指定します。

結果
'on'

ラインを表示します。

'off'

ラインを表示しません。

例: ax.ThetaMinorGrid = 'on';

マイナー グリッド ラインに使用するライン スタイル。次の表のライン スタイルのいずれかとして指定します。

ライン スタイル説明結果として得られる線
'-'実線

'--'破線

':'点線

'-.'一点鎖線

'none'ラインなしラインなし

グリッド ラインを表示するには、grid minor コマンドを使用するか、ThetaMinorGrid プロパティまたは RMinorGrid プロパティを 'on' に設定します。

例: ax.MinorGridLineStyle = '-.';

マイナー グリッド ラインの色。RGB 3 成分、または表にリストされている色のオプションのいずれかとして指定します。グリッドの実際の色は MinorGridColorModeThetaColorMode および RColorMode の各プロパティの値に依存します。詳細については、MinorGridColorMode を参照してください。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: ax.MinorGridColor = [0 0 1]

例: ax.MinorGridColor = 'b'

例: ax.MinorGridColor = 'blue'

マイナー グリッド色を設定するためのプロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto'RColorMode プロパティと ThetaColorMode プロパティの値を確認して、r 方向と theta 方向のグリッド ラインの色を決定します。

  • 'manual'MinorGridColor を使用して、すべての方向のグリッド ラインの色を設定します。

マイナー グリッド ラインの透明度。[0,1] の範囲の値として指定します。値 1 は不透明で、値 0 は完全に透明です。

例: ax.MinorGridAlpha = 0.5

MinorGridAlpha プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 既定の透明度の値 (0.25)。

  • 'manual' — 透明度の値を手動で指定します。値を指定するには、MinorGridAlpha プロパティを設定します。

例: ax.MinorGridAlphaMode = 'auto'

ラベル

すべて展開する

座標軸のタイトルの text オブジェクト。タイトルを追加するには、text オブジェクトの String プロパティを設定します。フォント スタイルや色などのタイトルの外観を変更するには、他のプロパティを設定します。一覧については、Text のプロパティ を参照してください。

ax = polaraxes;
ax.Title.String = 'My Title';
ax.Title.Color = 'red';

または、title を使用して、タイトルの追加と外観の制御を行います。

title('My Title','Color','red')

このプロパティは読み取り専用です。

座標軸に関連付けられた凡例。legend オブジェクトとして指定します。このプロパティを使用して、座標軸に凡例があるかどうかを判別できます。

ax = gca;
lgd = ax.Legend
if ~isempty(lgd)
    disp('Legend Exists')
end

また、このプロパティを使用して、既存の凡例のプロパティにアクセスすることもできます。プロパティの一覧については、Legend のプロパティ を参照してください。

polarplot(1:10)
legend({'Line 1'},'FontSize',12)
ax = gca;
ax.Legend.TextColor = 'red';

複数のプロット

すべて展開する

色の順序。RGB 3 成分からなる 3 列の行列として指定します。行列の各行で色の順序に含まれる色を 1 つずつ定義します。既定の色の順序には 7 種類の色が含まれています。

既定の色の順序対応する RGB 3 成分

    [    0    0.4470    0.7410
    0.8500    0.3250    0.0980
    0.9290    0.6940    0.1250
    0.4940    0.1840    0.5560
    0.4660    0.6740    0.1880
    0.3010    0.7450    0.9330
    0.6350    0.0780    0.1840]

プロットの前に色の順序を変更

色の順序の変更はプロットの前に行わなければなりません。順序を変更しても、既存のプロットには影響しません。ただし、グラフィックス関数の多くで、プロットの前に色の順序が既定値にリセットされます。指定された色の順序を座標軸で確実に使用するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • プロットの前に、座標軸の "既定" の色の順序を変更する。

  • プロットの前に、座標軸の NextPlot プロパティを 'replacechildren' または 'add' に設定する。

たとえば、次のコードは、今後のすべての座標軸について既定の色の順序を変更します。

co = [1    0  0.4
    0.8  0.2  0.5
    0.6  0.4  0.6
    0.4  0.6  0.7
    0.2  0.8  0.8
      0    1  0.9];
set(groot,'defaultAxesColorOrder',co)
plot(rand(5))
色の順序を元に戻すには、次のコマンドを使用します。
set(groot,'defaultAxesColorOrder','remove')

あるいは、プロットの前に Axes オブジェクトの NextPlot プロパティを 'replacechildren' に設定します。既存のプロットが新しいプロットに置き代わり、色の順序の最初の色が使用されますが、座標軸の他のプロパティはリセットされません。

co = [1    0  0.4
    0.8  0.2  0.5
    0.6  0.4  0.6
    0.4  0.6  0.7
    0.2  0.8  0.8
      0    1  0.9];
ax = axes('ColorOrder',co,'NextPlot','replacechildren');
plot(ax,rand(5))

色の順序で次に使用する色。正の整数として指定します。たとえば、このプロパティを 1 に設定すると、座標軸に追加される次のプロットは、色の順序の最初の色を使用します。インデックス値が色の順序の色数を超える場合、インデックス値を色数で除算した後の剰余により、次に使用する色が決まります。

hold on コマンドを使用した場合、あるいは座標軸の NextPlot プロパティが 'add' に設定されている場合、新しいプロットが追加されるたびに色の順序のインデックス値が増加します。色の順序をリセットするには、ColorOrderIndex プロパティを 1 に設定します。

例: ax.ColorOrderIndex = 5

ライン スタイルの順序。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列または string 配列として指定します。表にあるライン スタイル指定子のうち 1 つ以上を使用して各要素を作成します。ラインとマーカーの指定子を組み合わせて '-*' などのように 1 つの要素にすることができます。

例: {'-*',':','o'}

MATLAB で ColorOrder プロパティに格納されている色がすべて使用された後にのみ、次のライン スタイルが繰り返し使用されます。既定の LineStyleOrder にはライン スタイル '-' が 1 つだけ含まれています。

指定子ライン スタイル
'-' (既定) 実線
'--'破線
':'点線
'-.'一点鎖線
'+'プラス記号のマーカー
'o'円形のマーカー
'*'星印のマーカー
'.'点のマーカー
'x'X 印のマーカー
's'四角形のマーカー
'd'菱形のマーカー
'^'上向きの三角形のマーカー
'v'下向きの三角形のマーカー
'>'右向きの三角形のマーカー
'<'左向きの三角形のマーカー
'p'星形五角形のマーカー
'h'星形六角形のマーカー

プロットの前にライン スタイルの順序を変更

ライン スタイルの順序の変更はプロットの前に行わなければなりません。順序を変更しても、既存のプロットには影響しません。ただし、グラフィックス関数の多くで、プロットの前にライン スタイルの順序が既定値にリセットされます。指定したライン スタイルの順序を座標軸で確実に使用するには、次のいずれかの方法を使用します。

  • プロットの前に、座標軸の "既定" のライン スタイルの順序を変更する。

  • プロットの前に、座標軸の NextPlot プロパティを 'replacechildren' または 'add' に設定する。

たとえば、次のコードは、今後のすべての座標軸について既定のライン スタイルの順序を変更します。

set(groot,'defaultAxesLineStyleOrder',{'-*',':','o'})
plot(rand(15))
ライン スタイルの順序を元に戻すには、次のコマンドを使用します。
set(groot,'defaultAxesLineStyleOrder','remove')

あるいは、プロットの前に Axes オブジェクトの NextPlot プロパティを 'replacechildren' に設定します。既存のプロットが新しいプロットに置き換わり、最初の色とライン スタイルが使用されますが、座標軸の他のプロパティはリセットされません。

ax = axes('LineStyleOrder',{'-*',':','o'},'NextPlot','replacechildren');
plot(ax,rand(15))

ライン スタイルの順序で次に使用するライン スタイル。正の整数として指定します。たとえば、このプロパティを 1 に設定すると、座標軸に追加される次のプロットでは、ライン スタイルの順序における最初のライン スタイルが使用されます。インデックス値が、ライン スタイルの順序に含まれるライン スタイルの数を超える場合、インデックス値をライン スタイルの数で除算した後の剰余により、次に使用するライン スタイルが決まります。

hold on コマンドを使用した場合、あるいは座標軸の NextPlot プロパティが 'add' に設定されている場合、新しいプロットが追加されるたびにインデックス値が増加します。その後のプロットは、ライン スタイルの順序を繰り返し使用します。ライン スタイルの順序をリセットするには、LineStyleOrderIndex プロパティを 1 に設定します。

例: ax.LineStyleOrderIndex = 1

座標軸への新しいプロットの追加時にリセットするプロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'add' — 既存の座標軸に新しいプロットを追加します。新しいプロットを表示する前に、既存のプロットの削除や、座標軸のプロパティのリセットは行いません。

  • 'replacechildren' — 既存のプロットを削除してから、新しいプロットを表示します。ColorOrderIndex プロパティおよび LineStyleOrderIndex プロパティを 1 にリセットしますが、座標軸のその他のプロパティはリセットしません。この座標軸に追加する次のプロットでは、ColorOrder および LineStyle の順序のプロパティに基づいて最初の色とライン スタイルが使用されます。この値は、個々の新しいプロットの前に cla を使用する場合と似ています。

  • 'replace' — 既存のプロットを削除し、PositionUnits を除く座標軸のプロパティを既定値にリセットしてから新しいプロットを表示します。

  • 'replaceall' — 既存のプロットを削除し、PositionUnits を除く座標軸のプロパティを既定値にリセットしてから新しいプロットを表示します。この値は、個々の新しいプロットの前に cla reset を使用する場合と似ています。

メモ

y 軸が 1 本だけの Axes オブジェクトの場合、'replace' プロパティと 'replaceall' プロパティの値は等価です。y 軸が 2 本ある Axes オブジェクトの場合、'replace' の値はアクティブな側にのみ影響しますが、'replaceall' の値は両側に影響します。

NextPlot プロパティは Figure にもあります。または、関数 newplot を使用して、後続のグラフィックス コマンド用の Figure と座標軸を用意することもできます。

オブジェクトのレンダリング順序。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'depth' — 現在の表示に基づいて背面から前面の順にオブジェクトを描画します。この値を使用すると、他のオブジェクトよりも前面にあるオブジェクトが正しく描画されます。

  • 'childorder' — 3 次元でのオブジェクトの位置関係を考慮せずに、グラフィックス関数で作成された順にオブジェクトを描画します。この値を使用するとレンダリング速度が上がり、特に Figure が非常に大きい場合に便利ですが、表示されるオブジェクトの前後方向の並べ替えが適切にならないこともあります。

カラーマップと透明度マップ

すべて展開する

カラーマップ。m の個々の色を定義する RGB (赤、緑、青) 3 成分の m3 列の配列として指定します。

例: ax.Colormap = [1 0 1; 0 0 1; 1 1 0] は、カラーマップを、マゼンタ、青、黄の 3 色に設定します。

MATLAB は、行番号でこれらの色にアクセスします。

あるいは、関数 colormap を使用してカラーマップを変更します。

カラーマップのスケール。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'linear' — 線形スケール。カラーバーの目盛り値も線形スケールを使用します。

  • 'log' — 対数スケール。カラーバーの目盛り値も対数スケールを使用します。

例: ax.ColorScale = 'log'

カラーマップの色の範囲。[cmin cmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によって色の範囲が選択されます。このプロパティに値を割り当てた場合は、モードが 'manual' に設定され、色の範囲が MATLAB によって自動で選択されなくなります。

CLim プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 座標軸に含まれるグラフィックス オブジェクトのカラー データに基づいて、範囲が自動的に選択されます。

  • 'manual' — 値を手動で指定します。値を指定するには、CLim プロパティを設定します。座標軸の子の範囲が変わっても、これらの値は変わりません。

透明度マップ。0 から 1 まで線形に増加する有限アルファ値の配列として指定します。配列のサイズは m 行 1 列または 1 行 m 列にすることができます。MATLAB は配列のインデックスを使用してアルファ値にアクセスします。Alphamap は、任意の長さに設定できます。

透明度マッピングのスケール。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'linear' — 線形スケール

  • 'log' — 対数スケール

例: ax.AlphaScale = 'log'

alphamap のアルファ値の範囲。[amin amax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。

対応するモード プロパティが 'auto' に設定されている場合、MATLAB によってアルファ値の範囲が選択されます。このプロパティを設定した場合は、モードが 'manual' に設定され、アルファ値の範囲が MATLAB によって自動で選択されなくなります。

ALim プロパティの選択モード。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'auto' — 座標軸に含まれるグラフィックス オブジェクトの AlphaData 値に基づいて、範囲が自動的に選択されます。

  • 'manual' — アルファ値の範囲を手動で指定します。アルファ値の範囲を指定するには、ALim プロパティを設定します。

ボックスのスタイル

すべて展開する

背景色。RGB 3 成分または表にリストされた色オプションのいずれかとして指定します。

カスタム色を使用する場合は、RGB 3 成分を指定します。RGB 3 成分は、色の赤、緑、青成分の強度を指定する 3 成分の行ベクトルです。強度値は [0,1] の範囲でなければなりません。たとえば [0.4 0.6 0.7] のようになります。あるいは、名前を使用して一部の一般的な色を指定できます。次の表に、色の完全名および省略名のオプションと、等価の RGB 3 成分の値を示します。

オプション説明等価の RGB 3 成分
'red' または 'r'[1 0 0]
'green' または 'g'[0 1 0]
'blue' または 'b'[0 0 1]
'yellow' または 'y'[1 1 0]
'magenta' または 'm'マゼンタ[1 0 1]
'cyan' または 'c'シアン[0 1 1]
'white' または 'w'[1 1 1]
'black' または 'k'[0 0 0]
'none'色なし該当なし

例: ax.Color = 'none'

円周ラインおよび角度ラインの幅。ポイント単位のスカラー値として指定します。1 ポイントは 1/72 インチです。

例: ax.LineWidth = 1.5

極座標軸の周りの外枠。'on' または 'off' のいずれかとして指定します。これらの値の相違は、theta 軸の範囲が 360 度に達しないときに最も目立ちます。

結果
'on'

極座標軸の周りに閉じた外枠を表示します。

'off'

極座標軸の周りに閉じた外枠を表示しません。

例: ax.Box = 'on'

極座標軸の境界でのオブジェクトのクリップ。'on' または 'off' のいずれかで指定します。極座標軸におけるオブジェクトのクリップ動作は、極座標軸の Clipping プロパティと個々のオブジェクトの Clipping プロパティに依存します。極座標軸のプロパティ値は次の効果をもちます。

  • 'on' — 極座標軸内の各オブジェクトが、その Clipping プロパティ値に基づいてそれ自体のクリップ動作を制御できるようになります。

  • 'off' — 個々のオブジェクトの Clipping プロパティ値とは無関係に、極座標軸内のすべてのオブジェクトのクリップを無効にします。極座標軸の範囲の外側に、オブジェクトの一部が表示される場合があります。たとえば、プロットを作成して hold on を設定し、軸のスケーリングを固定した後に、元のプロットよりも大きいプロットを追加した場合、オブジェクトの一部が範囲の外側に表示されることがあります。

次の表に、Clipping プロパティの値をさまざまな組み合わせの結果を示します。

axes オブジェクトの Clipping プロパティ各オブジェクトの Clipping プロパティ結果
'on''on'個々のオブジェクトがクリップされます。その他は、クリップされる場合とされない場合があります。
'on''off'個々のオブジェクトはクリップされません。その他は、クリップされる場合とされない場合があります。
'off''on'個々のオプジェクトとその他のオブジェクトはクリップされません。
'off''off'個々のオプジェクトとその他のオブジェクトはクリップされません。

クリップが有効な場合でも、太いラインとマーカーが極座標軸の範囲の外側に表示されることがあります。プロットにマーカーが含まれる場合、データ点が極座標軸内にある限りは MATLAB によりそのマーカー全体が描画されます。

位置

すべて展開する

ラベルと余白を含む極座標軸のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、極座標軸の外側の境界を囲む四角形の範囲を定義します。left 要素と bottom 要素で、極座標軸を格納する Figure または uipanel の左下隅から四角形の左下隅までの距離を定義します。width 要素と height 要素は四角形の大きさです。

既定では、コンテナーを基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。既定値 [0 0 1 1] は、コンテナーの内側全体になります。

ラベルまたは余白を含まない極座標軸のサイズと位置。[left bottom width height] の形式の 4 要素ベクトルとして指定します。このベクトルは、極座標軸を囲む最も狭い四角形の範囲を定義します。left 要素と bottom 要素で、コンテナーの左下隅から四角形の左下隅までの距離を定義します。width 要素と height 要素は四角形の大きさです。

既定では、コンテナーを基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。

例: ax.Position = [0 0 1 1]

このプロパティは読み取り専用です。

テキスト ラベル用の余白。[left bottom right top] の形式の 4 要素ベクトルとして返されます。この要素は、Position プロパティの境界から極座標軸のテキスト ラベルとタイトルの範囲までの距離を定義します。既定では、極座標軸を格納する Figure または uipanel を基準に正規化された単位が使用されます。単位を変更するには、Units プロパティを設定します。

Position プロパティと TightInset プロパティは、極座標軸とそのラベルおよびタイトルを囲む最も狭いボックスを定義します。

サイズ変更実行時のアクティブな位置プロパティ。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'outerposition'OuterPosition プロパティを一定に保ちます。

  • 'position'Position プロパティを一定に保ちます。

Figure のサイズは、対話形式でサイズを変更する場合と印刷またはエクスポートの実行時に変更できます。

位置の単位。次の値のいずれかとして指定します。

Units説明
'normalized' (既定)コンテナー (通常は Figure またはパネル) を基準に正規化されます。コンテナーの左下隅は (0,0) に、右上隅は (1,1) にマッピングされます。
'inches'インチ。
'centimeters'センチメートル。
'characters'

グラフィックス ルート オブジェクトの既定の uicontrol フォントに基づきます。

  • 文字の幅 = 文字 x の幅。

  • 文字の高さ = 2 行のテキストのベースライン間の距離。

'points'タイポグラフィのポイント。1 ポイントは 1/72 インチです。
'pixels'

ピクセル。

R2015b 以降、Windows および Macintosh システムにおいて、ピクセル単位の距離はシステム解像度に依存しません。

  • Windows システムの 1 ピクセルは 1/96 インチです。

  • Macintosh システムの 1 ピクセルは 1/72 インチです。

  • Linux システムでは、ピクセルのサイズは使用しているシステムの解像度によって決まります。

オブジェクトの作成中に Name,Value のペアとして単位を指定する場合、それらの単位を使用するプロパティ (Position など) を指定する前に Units プロパティを設定しなければなりません。

対話機能

すべて展開する

データ探索ツール バー。AxesToolbar オブジェクトです。ツール バーは座標軸の右上隅にカーソルを置くと表示され、データ ヒントのオプションが含まれます。

関数 axtoolbar および関数 axtoolbarbtn を使用して、ツール バーのボタンをカスタマイズできます。

座標軸にカーソルを置いたときにツール バーを表示しないようにする場合は、AxesToolbar オブジェクトの Visible プロパティを 'off' に設定します。

ax = gca;
ax.Toolbar.Visible = 'off';

詳細については、AxesToolbar のプロパティ を参照してください。

可視性の状態。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'on' — オブジェクトを表示します。

  • 'off' — オブジェクトを削除せずに非表示にします。非表示のオブジェクトのプロパティには引き続きアクセスできます。

コンテキスト メニュー。ContextMenu オブジェクトとして指定します。このプロパティは、オブジェクトを右クリックしたときにコンテキスト メニューを表示するために使用します。関数 uicontextmenu を使用して、コンテキスト メニューを作成します。

メモ

PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコンテキスト メニューは表示されません。

選択状態。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on' — 選択されています。プロット編集モードでオブジェクトをクリックした場合、MATLAB は Selected プロパティを 'on' に設定します。SelectionHighlight プロパティも 'on' に設定されている場合、MATLAB はオブジェクトの周囲に選択ハンドルを表示します。

  • 'off' — 選択されていません。

選択時に選択ハンドルを表示。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on'Selected プロパティが 'on' に設定されているときに選択ハンドルを表示します。

  • 'off'Selected プロパティが 'on' に設定されている場合でも選択ハンドルを表示しません。

コールバック

すべて展開する

マウスクリック コールバック。次の値のいずれかとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含む cell 配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは MATLAB 関数の文字ベクトル (非推奨)

このプロパティは、オブジェクトをクリックしたときにコードを実行するために使用します。関数ハンドルを使用してこのプロパティを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • クリックしたオブジェクト — コールバック関数内から、クリックしたオブジェクトのプロパティにアクセスします。

  • イベント データ — 空の引数です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、コールバック定義を参照してください。

メモ

PickableParts プロパティが 'none' に設定されている場合または HitTest プロパティが 'off' に設定されている場合には、このコールバックは実行されません。

作成コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含む cell 配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは MATLAB 関数の文字ベクトル (非推奨)

このプロパティは、オブジェクトの作成時にコードを実行するために使用します。MATLAB は、オブジェクトを作成してそのプロパティをすべて設定した後にコールバックを実行します。既存のオブジェクトに CreateFcn プロパティを設定しても効果はありません。効果を得るには、オブジェクトの作成時に CreateFcn プロパティを指定しなければなりません。オブジェクトの作成時にプロパティを指定する 1 つの方法は、オブジェクトに既定のプロパティ値を設定することです。詳細については、既定のプロパティ値を参照してください。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • 作成されたオブジェクト — コールバック関数内からオブジェクトのプロパティにアクセスします。グラフィックス ルート オブジェクトの CallbackObject プロパティを介してオブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — 空の引数です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、コールバック定義を参照してください。

削除コールバック。次の値の 1 つとして指定します。

  • 関数ハンドル

  • 関数ハンドルと追加の引数を含む cell 配列

  • ベース ワークスペース内で評価される有効な MATLAB コマンドまたは MATLAB 関数の文字ベクトル (非推奨)

このプロパティは、オブジェクトの削除時にコードを実行するために使用します。MATLAB はオブジェクトを破棄する前にコールバックを実行するため、コールバックはオブジェクトのプロパティ値にアクセスできます。

関数ハンドルを使用してこのコールバックを指定した場合、MATLAB はコールバックを実行するときに次の 2 つの引数をコールバック関数に渡します。

  • 削除されたオブジェクト — コールバック関数内からオブジェクトのプロパティにアクセスします。グラフィックス ルート オブジェクトの CallbackObject プロパティを介してオブジェクトにアクセスすることもできます。これは関数 gcbo を使用してクエリできます。

  • イベント データ — 空の引数です。この引数が使用されないことを示すために、関数定義の中でこの引数をチルダ文字 (~) に置換します。

関数ハンドルを使用してコールバック関数を定義する方法についての詳細は、コールバック定義を参照してください。

コールバック実行制御

すべて展開する

コールバックの割り込み。'on' または 'off' として指定します。Interruptible プロパティは実行中のコールバックが割り込み可能かどうかを決定します。

メモ

以下のコールバック状態について考えます。

  • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

  • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込みを許可するかどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

Interruptible プロパティは、別のコールバックが PolarAxes オブジェクトの ButtonDownFcn コールバックに割り込むことができるかどうかを決定します。Interruptible プロパティは 2 つの値をとります。

  • 'on' — 割り込み可能です。MATLAB が次にキューを処理するポイントで割り込みが発生します。たとえば、キューは drawnowfiguregetframewaitforpausewaitbar などのコマンドによって処理されます。

    • 実行中のコールバックにこれらいずれかのコマンドが含まれている場合、MATLAB はその場所でコールバックの実行を停止し、割り込みコールバックを実行します。割り込みコールバックが完了したときに MATLAB は実行中だったコールバックの実行を再開します。詳細については、コールバック実行の中断を参照してください。

    • 実行中のコールバックにこれらのコマンドが含まれていない場合、MATLAB はそのコールバックの実行を中断せずに終了させます。

  • 'off' — 割り込みできません。MATLAB は割り込みさせずに実行中のコールバックを終了させます。

コールバック キューイング。'queue' または 'cancel' として指定します。BusyAction プロパティは MATLAB による割り込みコールバックの実行の処理方法を決定します。

以下のコールバック状態について考えます。

  • "実行中" コールバックは、現在実行しているコールバックです。

  • "割り込み" コールバックは、実行中のコールバックに割り込もうとするコールバックです。

MATLAB がコールバックを呼び出すたびに、そのコールバックは実行中のコールバックに割り込もうとします。実行中のコールバックを所有するオブジェクトの Interruptible プロパティが、割り込みを許可するかどうかを決定します。割り込みが許可されない場合は、割り込みコールバックを所有するオブジェクトの BusyAction プロパティが、そのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。

PolarAxes オブジェクトのコールバックが割り込み不可の実行中のコールバックに割り込もうとしている場合、BusyAction プロパティはそのコールバックを破棄するかキューに入れるかを決定します。BusyAction プロパティは次の値の 1 つとして指定します。

  • 'queue' — 割り込みコールバックをキューに入れ、実行中のコールバックが終了した後に処理されるようにします (既定の動作)。

  • 'cancel' — 割り込みコールバックを破棄します。

マウス クリック キャプチャ機能。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'visible' — 表示されている場合にのみマウス クリックをキャプチャします。Visible プロパティは、'on' に設定しなければなりません。PolarAxes オブジェクトがクリックに応答するか、先祖がクリックに応答するかは、HitTest プロパティが決定します。

  • 'all' — 表示状態に関係なくマウス クリックをキャプチャします。Visible プロパティは 'on' または 'off' に設定できます。PolarAxes オブジェクトがクリックに応答するか、先祖がクリックに応答するかは、HitTest プロパティが決定します。

  • 'none' — マウス クリックをキャプチャしません。PolarAxes オブジェクトをクリックすると、Figure ウィンドウの現在のビュー内でその下にあるオブジェクト (通常は axes または figure) にクリックが渡されます。HitTest プロパティは無効になります。

クリック可能にしない他のオブジェクトの下にあるオブジェクトをクリック可能にする場合は、他のオブジェクトをクリックが通過するように、それらのオブジェクトの PickableParts プロパティを 'none' に設定します。

キャプチャしたマウス クリックへの応答。次の値の 1 つとして指定します。

  • 'on'PolarAxes オブジェクトの ButtonDownFcn コールバックをトリガーします。UIContextMenu プロパティが定義されている場合は、コンテキスト メニューを呼び出します。

  • 'off'PolarAxes オブジェクトの先祖のうち、次のいずれかの条件を満たす最も近い先祖のコールバックをトリガーします。

    • HitTest プロパティが 'on' に設定されている

    • PickableParts プロパティが、先祖によるマウス クリックのキャプチャを可能にする値に設定されている

メモ

PickableParts プロパティは、PolarAxes オブジェクトがマウス クリックをキャプチャできるかどうかを決定します。キャプチャできない場合、HitTest プロパティは無効です。

このプロパティは読み取り専用です。

削除状態。'off' または 'on' として返されます。MATLAB はオブジェクトの削除関数が実行を開始したときに BeingDeleted プロパティを 'on' に設定します (DeleteFcn プロパティを参照)。オブジェクトが存在しなくなるまで BeingDeleted プロパティは 'on' に設定されたままです。

クエリや変更の前にオブジェクトが削除されようとしていないか確認する必要がある場合は、BeingDeleted プロパティの値をチェックします。

親/子

すべて展開する

polaraxes の親。figure オブジェクト、uipanel オブジェクトまたは uitab オブジェクトとして指定します。

子。グラフィックス オブジェクトの配列として返されます。このプロパティは、子のリストの参照や子の並べ替えに使用します。子を並べ替えるには、このプロパティ自体で値の順序を並べ替えます。

Children プロパティを使用して子の追加や削除を行うことはできません。このリストに子を追加するには、子グラフィックス オブジェクトの Parent プロパティにこの PolarAxes オブジェクトを設定します。

親の Children プロパティ内でのオブジェクト ハンドルの可視性。次の値のいずれかとして指定します。

  • 'on' — オブジェクト ハンドルは常に表示されます。

  • 'off' — オブジェクト ハンドルは常に非表示です。このオプションは、他の関数による UI の意図しない変更を防止するために役立ちます。HandleVisibility'off' に設定すると、その関数の実行中にハンドルが一時的に非表示になります。

  • 'callback' — オブジェクト ハンドルはコールバック内から、あるいはコールバックにより呼び出される関数から参照できます。しかし、コマンド ラインから呼び出される関数からは参照できません。このオプションを使用すると、コマンド ラインからのオブジェクトへのアクセスがブロックされますが、コールバック関数からのアクセスは許可されます。

オブジェクトが親の Children プロパティ内にリストされない場合、オブジェクト階層の検索またはハンドル プロパティのクエリによってオブジェクト ハンドルを取得する関数は、そのオブジェクト ハンドルを返しません。こうした関数の例としては、関数 getfindobjgcagcfgconewplotclaclf、および close などが挙げられます。

非表示のオブジェクト ハンドルは有効なままです。ルートの ShowHiddenHandles プロパティを 'on' に設定すると、HandleVisibility プロパティの設定にかかわらず、すべてのオブジェクト ハンドルがリストされます。

識別子

すべて展開する

このプロパティは読み取り専用です。

グラフィックス オブジェクトのタイプ。'polaraxes' として返されます。

polaraxes オブジェクトに関連付けるタグ。文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。

このプロパティを使用して階層内の polaraxes オブジェクトを検出します。たとえば、関数 findobj を使用して特定の Tag プロパティ値をもつ polaraxes オブジェクトを検索できます。

例: 'January Data'

polaraxes オブジェクトに関連付けるユーザー データ。たとえば、スカラー、ベクトル、行列、cell 配列、文字配列、table、構造体など、任意の MATLAB データとして指定します。MATLAB はこのデータを使用しません。

複数のデータセットを関連付ける場合またはデータにフィールド名を付加する場合は、関数 getappdata および setappdata を使用します。

例: 1:100

R2006a より前に導入