ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

App Designer アプリ内でのデータの共有

メモ

GUIDE を使用して作成したアプリでデータを共有する方法の詳細については、コールバック間のデータ共有を参照してください。

プロパティはアプリ内のすべての関数およびコールバックからアクセスできるため、アプリ内でデータを共有するための最適な方法はプロパティを使用することです。すべての UI コンポーネントはプロパティであるため、この構文を使用して、コールバック内の UI コンポーネントにアクセスして更新できます。

app.Component.Property

たとえば、次のコマンドはゲージの Value プロパティを取得および設定します。この例では、ゲージの名前は PressureGauge です。

x = app.PressureGauge.Value; % Get the gauge value
app.PressureGauge.Value = 50; % Set the gauge value to 50

ただし、中間結果、または複数のコールバックがアクセスする必要があるデータを共有する場合は、パブリック プロパティまたはプライベート プロパティを定義してデータを格納します。パブリック プロパティはアプリの内部および外部の両方からアクセスでき、プライベート プロパティはアプリの内部からのみアクセスできます。[コード ビュー] は、プロパティを作成するためのいくつかの異なる方法を提供しています。

  • [エディター] タブの [プロパティ] ボタンの下半分からドロップダウン メニューを展開します。[プライベート プロパティ] または [パブリック プロパティ] を選択します。

  • [コード ブラウザー][プロパティ] タブをクリックして、 ボタンのドロップダウン リストを展開し、[プライベート プロパティ] または [パブリック プロパティ] を選択します。

プロパティを作成するオプションを選択すると、App Designer によってプロパティの定義とコメントが properties ブロックに追加されます。

properties (Access = public)
        Property % Description
end

properties ブロックは編集可能であり、プロパティの名前を変更したり、プロパティを説明するコメントを編集したりできます。たとえば、次のプロパティは平均コストの値を格納します。

properties (Access = public)
        X % Average cost
end

アプリの起動時にコードがプロパティ値にアクセスする必要がある場合は、properties ブロックまたは StartupFcn コールバックでその値を初期化できます。

properties (Access = public)
        X = 5; % Average cost
end

コード内の任意の場所で、ドット表記を使用してプロパティの値を取得または設定します。

y = app.X  % Get the value of X
app.X = 5; % Set the value of X

例: プロット データおよびドロップダウン リストの選択肢の共有

次のアプリは、プライベート プロパティおよびドロップダウン リストのデータを共有する方法を示しています。このアプリには、プロット データを格納する Z というプライベート プロパティがあります。ユーザーがサンプルのサイズを変更すると、編集フィールドのコールバック関数によって Z が更新されます。[Update Plot] ボタンのコールバック関数は、Z の値とカラーマップの選択肢を取得してプロットを更新します。

関連するトピック