Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

rlim

極座標軸の r 軸の範囲の設定とクエリ

説明

rlim(limits) は、現在の極座標軸の r 軸の範囲を指定します。limits[rmin rmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、rmaxrmin より大きい数値です。

rlim('auto') は、MATLAB®r 軸の範囲を選択させます。このコマンドは、polar axes オブジェクトの RLimMode プロパティを 'auto' に設定します。

rlim('manual') は範囲の自動変更を防ぎます。このオプションは、hold on コマンドで極座標軸に新しいデータを追加するときに、現在の範囲を維持する場合に使用します。このコマンドは、polar axes オブジェクトの RLimMode プロパティを 'manual' に設定します。

rl = rlim は、現在の極座標軸の範囲を含む 2 要素ベクトルを返します。

m = rlim('mode') は、範囲モードの現在の値 ('auto' または 'manual') を返します。範囲を指定したりモードを手動に設定したりしない限り、自動モードが既定で使用されます。

___ = rlim(pax,___) は、現在の極座標軸の代わりに pax で指定される極座標軸を使用します。最初の入力引数として pax を指定します。元の構文によりサポートされる場合にのみ、追加の入力引数または出力引数を含めます。

すべて折りたたむ

極座標プロットを作成し、r 軸の範囲を変更します。

theta = 0:0.01:2*pi;
rho = sin(2*theta).*cos(2*theta);
polarplot(theta,rho)
rlim([0 1])

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

範囲を元の値に設定し直します。

rlim('auto')

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

負の半径値を使用して、極座標プロットを作成します。polarplot は既定で負の値を、原点を中心とする点対称の位置に表します。

theta = linspace(0,2*pi);
rho = sin(theta);
polarplot(theta,rho)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

範囲が -1 から 1 までになるように r 軸の範囲を変更します。

rlim([-1 1])

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

極座標プロットを作成し、r 軸の範囲を返します。

theta = 0:0.01:2*pi;
rho = sin(2*theta).*cos(2*theta);
polarplot(theta,rho)

Figure contains an axes object. The axes object contains an object of type line.

rl = rlim
rl = 1×2

         0    0.5000

rlim の最初の入力として polar axes オブジェクトを指定し、特定の極座標軸の範囲を設定します。そうしない場合、rlim は現在の座標軸の範囲を設定します。

pax = polaraxes;
rlim(pax,[0 5])

Figure contains an axes object. The axes object is empty.

入力引数

すべて折りたたむ

範囲の上限と下限。[rmin rmax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、rmaxrmin より大きい数値です。両方の制限値を指定することも、一方の制限値を指定してもう一方を MATLAB で自動計算することもできます。

  • 下限値を最小データ値に自動設定するには、最初の要素に -inf を指定します (例: rlim([-inf 0]))。

  • 上限値を最大データ値に自動設定するには、2 番目の要素に inf を指定します (例: rlim([0 inf]))。

範囲値を指定すると、polar axes オブジェクトの RLim プロパティが指定された値に更新され、RLimMode プロパティが 'manual' に変更されます。

例: rlim([0 1])

極座標軸、または極座標軸の配列。この引数を指定しない場合、rlim は (現在の座標軸が polar axes オブジェクトであるという条件下で) 現在の座標軸の範囲を設定します。

出力引数

すべて折りたたむ

現在の範囲。[rmin rmax] の形式の 2 要素ベクトルとして返されます。範囲をクエリすると polar axes オブジェクトの RLim プロパティの値が返されます。

現在の範囲モード。次のいずれかの値が返されます。

  • 'auto' — データの変更を反映して範囲が自動更新されます。

  • 'manual' — データの変更を反映して範囲が自動更新されることはありません。

r 軸の範囲モードをクエリすると polar axes オブジェクトの RLimMode プロパティの値が返されます。

バージョン履歴

R2016a で導入