ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

rad2deg

角度をラジアンから度数に変換

説明

D = rad2deg(R) は、R の各要素の角度の単位をラジアンから度数に変換します。

すべて折りたたむ

pi を度単位に変換します。

D = rad2deg(pi)
D = 180

地球の平均半径と、ミュンヘンからバンガロールまでの平面距離 (キロメートル単位) の測定値を指定します。ミュンヘンとバンガロール間の球面距離を度単位で計算します。

dist = 7194;
radEarth = 6371;
R = dist/radEarth;
D = rad2deg(R)
D = 64.6972

入力引数

すべて折りたたむ

ラジアン単位の角度。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として指定します。R に複素数の要素が含まれる場合、rad2deg は実数部と虚数部を別々に変換します。

データ型: single | double
複素数のサポート: あり

出力引数

すべて折りたたむ

度単位の角度。スカラー、ベクトル、行列または多次元配列として返されます。DR と同じサイズになります。

拡張機能

C/C++ コード生成
MATLAB® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

参考

R2015b で導入