ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

thetalim

極座標軸の θ 軸の範囲の設定とクエリ

構文

thetalim(limits)
thetalim('auto')
thetalim('manual')
tl = thetalim
m = thetalim('mode')
___ = thetalim(pax,___)

説明

thetalim(limits) は、現在の極座標軸の θ 軸の範囲を指定します。limits[thetamin thetamax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。ここで、thetamaxthetamin より大きい数値です。

thetalim('auto') は、MATLAB® に θ 軸の範囲を選択させます。このコマンドは、polar axes オブジェクトの ThetaLimMode プロパティを 'auto' に設定します。

thetalim('manual') は範囲の自動変更を防ぎます。このコマンドは、polar axes オブジェクトの ThetaLimMode プロパティを 'manual' に設定します。

tl = thetalim は、現在の極座標軸の範囲を含む 2 要素ベクトルを返します。

m = thetalim('mode') は、範囲モードの現在の値 ('auto' または 'manual') を返します。範囲を指定したりモードを手動に設定したりしない限り、自動モードが既定で使用されます。

___ = thetalim(pax,___) は、現在の極座標軸の代わりに pax で指定された polar axes オブジェクトを使用します。最初の入力引数として pax を指定します。元の構文によりサポートされる場合にのみ、追加の入力引数または出力引数を含めます。

すべて折りたたむ

極座標プロットを作成し、θ 軸の範囲を変更します。

theta = linspace(0,pi);
rho = theta/10;
polarplot(theta,rho)
thetalim([0 180])

範囲を元の値に設定し直します。

thetalim('auto')

thetalim の最初の入力として polar axes オブジェクトを指定し、特定の極座標軸の範囲を設定します。そうしない場合、thetalim は現在の座標軸の範囲を設定します。

pax = polaraxes;
thetalim(pax,[0 180])

入力引数

すべて折りたたむ

範囲の下限と上限。[thetamin thetamax] の形式の 2 要素ベクトルとして指定します。範囲を指定すると、polar axes オブジェクトの ThetaLim プロパティが指定の値に更新されます。

例: [0 1]

polar axes オブジェクト。polar axes オブジェクトを指定しない場合、thetalim により現在の極座標軸の範囲が設定されます。

出力引数

すべて折りたたむ

現在の範囲。[thetamin thetamax] の形式の 2 要素ベクトルとして返されます。範囲をクエリすると polar axes オブジェクトの ThetaLim プロパティの値が返されます。

現在の範囲モード。次のいずれかの値が返されます。

  • 'auto' — データの変更を反映して範囲が自動更新されます。

  • 'manual' — 範囲は自動更新されません。

θ 軸の範囲モードをクエリすると、polar axes オブジェクトの ThetaLimMode プロパティの値が返されます。

R2016a で導入