Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

axtoolbar

座標軸ツール バーの作成

説明

tb = axtoolbar(buttons) は現在の座標軸の右上隅に表示される既定のツール バーを、指定されたボタンのみを含むツール バーに置き換えます。たとえば、axtoolbar({'pan','restoreview'}) は移動のボタンと、元の表示に戻すボタンを指定します。この関数は、作成された AxesToolbar オブジェクトを返します。

tb = axtoolbar(ax,buttons) は、現在の座標軸ではなく、ax で指定された座標軸またはタイル表示チャート レイアウトのツール バーを置き換えます。

tb = axtoolbar は現在の座標軸のツール バーを空のツール バーに置き換えます。

tb = axtoolbar(ax) は、現在の座標軸ではなく、指定された座標軸またはタイル表示チャート レイアウトのツール バーを空のツール バーに置き換えます。

tb = axtoolbar(___,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、ツール バーのプロパティを指定します。

[tb,btns] = axtoolbar(___) は作成されたツール バー ボタン オブジェクトも返します。これらは ToolbarStateButton オブジェクト、ToolbarPushButton オブジェクト、または ToolbarDropdown オブジェクトです。これらのオブジェクトを使用して、作成後のツール バーおよびツール バー ボタンを変更できます。

すべて折りたたむ

プロットを作成します。標準の座標軸ツール バーを、ズーム イン、ズーム アウト、表示を元に戻す、の各ボタンを含むカスタム ツール バーに置き換えます。出力引数として作成された AxesToolbar オブジェクトおよびボタン オブジェクトを返します。

plot(magic(5))
[tb,btns] = axtoolbar({'zoomin','zoomout','restoreview'});

Figure with zoom in, zoom out, and restore view buttons in the axes toolbar

それぞれにカスタム ツール バーをもつ 2 つのサブプロットを作成します。

最初に 2 つのサブプロットを作成し、Axes オブジェクトを変数 ax1ax2 に割り当てます。関数 axtoolbar の最初の入力引数として ax1 を指定して、上のサブプロットのツール バーをカスタム ツール バーに置き換えます。次に、下のサブプロットのツール バーを置き換えます。各サブプロットにカーソルを合わせてツール バーを表示します。

ax1 = subplot(2,1,1);
plot(ax1,magic(5))
[tb1,btns1] = axtoolbar(ax1,{'zoomin','zoomout','restoreview'});

ax2 = subplot(2,1,2);
plot(ax2,magic(5))
[tb2,btns2] = axtoolbar(ax2,{'pan','datacursor'});

Figure with two plots. The bottom plot has data tip and pan buttons in the axes toolbar.

座標軸ツール バーを 1 つ含むタイル表示チャート レイアウトを作成します。

まず、2 行 1 列のレイアウトを作成し、各タイルに別々のチャートを表示します。次に、タイル表示チャート レイアウトにカスタム座標軸ツール バーを作成します。レイアウトにカーソルを合わせてツール バーを表示します。

t = tiledlayout(2,1);
nexttile
plot(magic(5));
nexttile
plot(magic(5));

tb = axtoolbar(t,{'zoomin','zoomout','restoreview'});

Figure with two plots. The top plot has zoom in, zoom out, and restore view buttons in the axes toolbar.

入力引数

すべて折りたたむ

ターゲット座標軸。次のいずれかとして指定します。

  • Axes オブジェクト – 指定した座標軸のセットのカスタム座標軸ツール バーを作成します。

  • TiledChartLayout オブジェクト – 指定したタイル表示チャート レイアウトのすべての座標軸に適用される単一の座標軸ツール バーを作成します。

ツール バーのボタン。'default' (既定のボタン セット)、または次の表にあるボタン名のうち 1 つ以上を含む cell 配列として指定します。ボタンは指定した順序に関係なく、標準の順序でツール バーに表示されます。各ボタンはツール バーに一度だけ表示されます。

ボタン名アイコン説明
'export'Export icon

エクスポート オプションのメニューを表示します。

'brush'Data brushing iconデータのブラシ選択モードを切り替えます。
'datacursor'Data tips iconデータ カーソル モードを切り替えます。
'rotate'回転モードを切り替えます。
'pan'Pan icon移動モードを切り替えます。
'zoomin'Zoom in iconズームイン モードを切り替えます。
'zoomout'Zoom out iconズームアウト モードを切り替えます。
'restoreview'座標軸またはタイル表示チャート レイアウトの元の表示を復元します。

'export' ボタンにカーソルを合わせると、ドロップダウン メニューが表示され、座標軸またはタイル表示チャート レイアウトの内容をエクスポートするためのオプションが示されます。

  • Save as icon: 内容を、余白なくトリミングしたイメージまたは PDF として保存します。

  • Copy as image icon: 内容をイメージとしてコピーします。

  • Copy as vector graphic icon: 内容をベクトル グラフィックスとしてコピーします。

例: axtoolbar({'zoomin','zoomout','restoreview'})

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: axtoolbar({'zoomin','zoomout'},'SelectionChangedFcn',@mycallback)

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。完全な一覧については、AxesToolbar のプロパティ を参照してください。

選択変更のコールバック。次の値のいずれかとして指定します。

  • 関数ハンドル。

  • 最初の要素が関数ハンドルである cell 配列。cell 配列内のその後の要素はコールバック関数に渡される引数です。

  • 有効な MATLAB® 式を含む文字ベクトル (非推奨)。MATLAB は、この式をベース ワークスペースで評価します。

このコールバックは、状態ボタンをクリックすると実行されます。状態ボタンの Value プロパティがプログラムにより変更される場合には実行されません。

このコールバック関数は、ボタン操作に関する特定の情報にアクセスできます。MATLAB は、この情報を SelectionChangedEventData オブジェクトに格納して、2 番目の引数としてコールバック関数に渡します。ドット表記を使用して、オブジェクトのプロパティをクエリできます。たとえば、event.Selection は現在選択されているボタンを返します。SelectionChangedEventData オブジェクトは、文字ベクトルとして指定されているコールバック関数では使用できません。

次の表に、SelectionChangedEventData オブジェクトのプロパティを示します。

プロパティ

説明

Axes

ツール バーに関連付けられた Axes オブジェクトの配列

Selection

現在選択されているボタン

PreviousSelection

直前に選択されていたボタン

Source

AxesToolbar オブジェクト

EventName

'SelectionChanged'

可視性の状態。'on' または 'off'、もしくは数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。'on' の値は true と等価であり、'off'false と等価です。したがって、このプロパティの値を logical 値として使用できます。値は matlab.lang.OnOffSwitchState 型の on/off logical 値として格納されます。

  • 'on' — オブジェクトを表示します。

  • 'off' — オブジェクトを削除せずに非表示にします。非表示のオブジェクトのプロパティには引き続きアクセスできます。

出力引数

すべて折りたたむ

ツール バー。AxesToolbar オブジェクトとして返されます。作成後のツール バーを変更するには、tb を使用します。プロパティの一覧については、AxesToolbar のプロパティ を参照してください。

ツール バーのボタン。1 つ以上の ToolbarPushButton オブジェクト、ToolbarStateButton オブジェクト、または ToolbarDropdown オブジェクトを含むグラフィックス配列として返されます。作成後のボタンを変更するには、btns 配列の要素を使用します。プロパティのリストは、ToolbarStateButton のプロパティToolbarPushButton のプロパティ、および ToolbarDropdown のプロパティ を参照してください。

制限

  • カスタム ツール バーは、ライブ エディターの Figure に表示されません。カスタム ツール バーを表示するには、Figure の右上隅にある Open in Figure Window ボタンをクリックして、Figure を別の Figure ウィンドウで開きます。

R2018b で導入