最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

axtoolbarbtn

座標軸ツール バーにボタンを追加

説明

btn = axtoolbarbtn(tb) は、tb で指定された座標軸ツール バーにプッシュ ボタンを追加し、ToolbarPushButton オブジェクトを返します。

btn = axtoolbarbtn(tb,style) は、tb で指定されたツール バーにプッシュ ボタンまたは状態ボタンを追加し、そのボタン オブジェクトを返します。プッシュ ボタンの場合は、スタイルを 'push' に設定します。2 つの状態をとる状態ボタンの場合は、スタイルを 'state' に設定します。

btn = axtoolbarbtn(tb,style,Name,Value) は、1 つ以上の名前と値のペアの引数を使用して、ボタンのプロパティを指定します。

すべて折りたたむ

座標軸のグリッド ラインの表示と非表示を切り替えるカスタムの状態ボタンを座標軸ツール バーに追加します。

まず、mycustomstatebutton.m というプログラム ファイルを作成します。プログラム ファイル内で次を行います。

  • 乱数データをプロットします。

  • 関数 axtoolbar を使用して、ズーム イン、ズーム アウト、表示の復元の各オプションをもつ座標軸ツール バーを作成します。

  • 関数 axtoolbarbtn を使用して、ツール バーに空の状態ボタンを追加します。ToolbarStateButton オブジェクトを返します。

  • IconTooltipValueChangedFcn の各プロパティを設定して、状態ボタンのアイコン、ツール ヒントおよびコールバック関数を指定します。この例では アイコンを使用します。まず、これを mygridicon.png というイメージ ファイルとしてパス上に保存しなければなりません。

プログラム ファイルの実行後、アイコンをクリックしてグリッドラインの表示と非表示を切り替えます。

function mycustomstatebutton

plot(rand(5))
ax = gca;
tb = axtoolbar(ax,{'zoomin','zoomout','restoreview'});

btn = axtoolbarbtn(tb,'state');
btn.Icon = 'mygridicon.png';
btn.Tooltip = 'Grid Lines';
btn.ValueChangedFcn = @customcallback;

    function customcallback(src,event)
        switch src.Value
            case 'off'
                event.Axes.XGrid = 'off';
                event.Axes.YGrid = 'off';
                event.Axes.ZGrid = 'off';
            case 'on'
                event.Axes.XGrid = 'on';
                event.Axes.YGrid = 'on';
                event.Axes.ZGrid = 'on';
        end
    end

end

座標軸の表示を 2 次元表示にスナップする、カスタムのプッシュ ボタンを座標軸ツール バーに作成します。

まず、mycustompushbutton.m というプログラム ファイルを作成します。プログラム ファイル内で次を行います。

  • 表面をプロットします。

  • 関数 axtoolbar を使用して、ズーム イン、ズーム アウト、回転、表示を元に戻すの各オプションをもつ座標軸ツール バーを作成します。

  • 関数 axtoolbarbtn を使用して、ツール バーに空のプッシュ ボタンを追加します。ToolbarPushButton オブジェクトを返します。

  • IconTooltipButtonPressedFcn の各プロパティを設定して、プッシュ ボタンのアイコン、ツール ヒントおよびコールバック関数を指定します。この例では アイコンを使用します。まず、これを my2dicon.png というイメージ ファイルとしてパス上に保存しなければなりません。

プログラム ファイルを実行すると、アイコンをクリックして座標軸の表示を 2 次元表示にスナップします。

function mycustompushbutton

surf(peaks(25))
ax = gca;
tb = axtoolbar(ax,{'zoomin','zoomout','rotate','restoreview'});

btn = axtoolbarbtn(tb,'push');
btn.Icon = 'my2dicon.png';
btn.Tooltip = 'Snap to 2-D view';
btn.ButtonPushedFcn = @customcallback;

    function customcallback(src,event)
        view(event.Axes,2)
    end

end

入力引数

すべて折りたたむ

ツール バー。AxesToolbar オブジェクトとして指定します。ツール バーを作成するには、tb = axestoolbar のように関数 axtoolbar を使用します。

ボタンのスタイル。次のオプションのいずれかとして指定します。

スタイル説明
'push'プッシュ ボタン。1 回クリックすると、ボタンは押して離したように表示されます。
'state'2 つの状態をとる状態ボタン。1 回クリックすると、再度クリックするまでボタンは押された状態または離された状態のままです。

名前と値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は引用符で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペアの引数を任意の順序で指定できます。

例: axtoolbarbtn(tb,'push','Icon','myimage.png','Tooltip','My Icon Tooltip')

メモ

ここでは、プロパティの一部だけを紹介しています。プッシュ ボタンと状態ボタンは、異なるプロパティのセットをサポートします。プロパティの完全なリストと各タイプについての説明は、対応するプロパティのページを参照してください。

ボタン アイコン。次の値のいずれかとして指定します。

  • ファイル名 — ファイル名を文字ベクトルまたは string スカラーとして指定します。ファイル名には、パス上のイメージ ファイル、またはイメージ ファイルへの絶対パスを指定できます。イメージ ファイルのタイプは JPEG、GIF または PNG でなければなりません。イメージが収まるように、MATLAB は必要に応じてイメージを縮小します。

  • 配列 — RGB 3 成分からなる m x n x 3 の配列を指定します。

  • 行列 — m 行 n 列の数値行列を指定します。

    • 値が整数型である場合は、063 の値を指定します。値 0 は最も暗い色で、値 63 は透明です。NaN も透明です。

    • 値が double 型の場合は、164 の値を指定します。値 1 は最も暗い色で、値 64 は透明です。NaN も透明です。

  • 事前定義されたアイコン — 次の表にある名前のいずれかを指定します。

    アイコン名結果
    'brush'

    'datacursor'

    'rotate'

    'pan'

    'zoomin'

    'zoomout'

    'restoreview'

    'none'アイコンなし

例: btn.Icon = 'icon.png'

例: btn.Icon = 'C:\Documents\icon.png'

例: btn.Icon = 'rotate'

ボタンのツール ヒント。文字ベクトル、文字ベクトルの cell 配列、または string 配列として指定します。このプロパティを使用すると、ポインターをボタンに合わせたときにメッセージが表示されます。複数行のテキストを表示するには、文字ベクトルの cell 配列または string 配列を指定します。配列の各要素は、テキストの各行を表示します。

例: btn.Tooltip = 'My Tooltip'

R2018b で導入